Edited at

Thinkpad X240 on Ubuntu18.04 で TouchPad のボタン機能以外を無効化する

「ワークショップ用PCを USB起動の Ubuntu で構成する」

https://qiita.com/nanbuwks/items/785a28b6baf3a77cae5b

「Ubuntu18.04 で MINECRAFT」

https://qiita.com/nanbuwks/items/df10bba9f0ed473827d7

などのために、ここ数年は中古の ThinkPad X220 や X230 を20台ぐらい運用していました。

しかしそろそろ X240 以降に世代交代することを考え、ThinkPad X240 の中古を購入してみました。

Ubuntu18.04 で使ってみます。


TouchPad が殺せない

当然ながら TouchPad は BIOSで無効化し・・・なんて事だ、BIOS設定しても、Ubuntu だと ToudhPad が動作してしまいます。

image.png


設定を探してみました。

まずは先人の知恵を拝借しようとしてみました。しかし、Ubuntu17以前とUbuntu18以降とは動作が異なっていてそのままでは使えそうにありません。

また、ぐぐった内容自体も、真ん中ボタンを有効化する方法が多く、TouchPadを無効化するのはあまりありません。

TouchPadを無効化したらボタン機能も無効化してしまうなど。意外と難しいことがわかりました。

image.png

Helplessness.jpg Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 International


いかがでしたか?

やっぱりみんな苦労しているみたいですね。でも、これだけ関心があるなら誰か解決していても不思議ではありませんね。

これからも、ウォッチしていきたいと思います。

image.png

Smile.jp.jpg Creative Commons Attribution-Share Alike 4.0 International

・・・というところで終わりにしようと思いましたが、やはりTouchPadの挙動は気が狂いそうになるので、気合で解決しました。


行った設定

結論のみ述べると、以下のようにしてOKとなりました。


$ xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" 279 0
$ xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" 281 0
$ xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" 144 0.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000