Edited at

ArduinoIDE インストールして ESP32 使って LED 光らせるまで

2019年9月16日時点のインストール記録です。


環境


マイコンボード

Esp32 DevKit v1 を使います。

IMG_20190916_011623.jpg

似たボードはいろんなものがあります。

IMG_20190916_012635.jpg

この写真では、左が WEMOS32、真ん中がESP32 DevKit V1、右が ESP32 DevKitCです。

ほぼ同じようなものとして使用できます。


PC

原稿はUbuntu 18.04Linuxにインストールしていますが、windowsやMacも同様に設定できます。

IMG_20190916_013252.jpg


その他


  • 470Ω(黃紫茶金)抵抗

  • LED

  • ブレッドボード

  • ブレッドケーブル


Arduino IDE 設定


ダウンロード

image.png

https://www.arduino.cc/

「SOFTWARE」-「DOWNLOADS」

image.png

いろいろありますが、Downloadバージョンを使います。

更に、Windowsの方は「Windows ZIP」を選んでください。

「JUST DOWNLOAD」

- Windowsの方はarduino-1.8.10-windows.zip

- Macの方はarduino-1.8.10-macosx.zip

- Linuxの方はarduino-1.8.10-linux64.tar.xz

をダウンロードすることになります。


解凍

自分の都合のいいところに解凍します。


Portable環境として設定する

解凍場所に「portable」というフォルダを作ります

image.png


追加インストール

Linuxの場合はフォルダ内に入っている install.sh を実行します。


Arduino IDE 起動

以下の画面が起動します。

image.png

以下のサイトを開き、

https://github.com/espressif/arduino-esp32/blob/master/docs/arduino-ide/boards_manager.md

image.png

jsonファイルのURLをコピーします。

「ファイル」-「環境設定」で「追加のボードマネジャのURL」に先程のURLを入力します。

image.png

ついでに、「より詳細な情報を表示する」も「コンパイル」、「書き込み」のチェックをつけておきましょう。

「ツール」ー「ボード」ー「ボードマネジャ...」から、

ESP32と入力して出てきた「esp32 for Espressif Ststems」を選び、インストールします。

image.png

ボードの定義やツールをダウンロードするのに時間がかかるので、注意。

うまくいったら

「ツール」ー「ボード」を「ESP32 Dev Module」にします。

image.png


接続する

microUSBケーブルでESP32ボードをつなげます。

「ツール」ー「シリアルポート」でポートを選択します。

どのポートがESP32かは、ESP32ボードを外した/取り付けたときにどのポートに変化があるかでチェックします。

もし、ポートに変化が無い場合-> TroubleShooting


LEDチカチカその1

ESP32 DevKit V1 の場合はオンボードLEDが使えます。(その他のボードの場合は## LEDチカチカその2に進んでください)

このようにプログラムを作ります。

image.png

実行すると青いLEDが点滅します。

IMG_20190916_021744.jpg


LEDチカチカその2

ブレッドボードを使って回路を作ってみましょう。

IMG_20190916_013832.jpg

IMG_20190916_013925.jpg

回路ができたら、上記のプログラムの「2」となっているところを「13」としてプログラムを作り、書き込みます。

うまくいきましたか?

IMG_20190916_022139.jpg


trouble shooting

はドライバをインストールする必要があります。


Linux


File "/media/ubuntu/39f999be-7817-43e5-bee9-e41852a42fdd/arduino-1.8.10_ESP32/portable/packages/esp32/tools/esptool_py/2.6.1/esptool.py", line 37, in <module>
import serial
ImportError: No module named serial
exit status 1
ボードESP32 Dev Moduleに対するコンパイル時にエラーが発生しました。

please install pyserial


$ sudo apt install pyserial

but,sometimes, can not install...

So, install by dpkg.

from download https://packages.ubuntu.com/bionic-updates/all/python/


python-pip-whl_9.0.1-2.3~ubuntu1.18.04.1_all.deb
python-pip_9.0.1-2.3~ubuntu1.18.04.1_all.deb


$ sudo dpkg -i python-pip_9.0.1-2.3~ubuntu1.18.04.1_all.deb python-pip-whl_9.0.1-2.3~ubuntu1.18.04.1_all.deb


$ pip install pyserial

必要に応じ、dialoutグループに自分のユーザを追加し、再起動します。


Windows

WindowsUpdateを行ってください。


Mac

Please install Driver.

https://jp.silabs.com/products/development-tools/software/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers

cf.,

CP210x USB to UART Bridge VCP Drivers を Mac OS にインストールする方法

https://qiita.com/bluemooninc/items/2c7d044ab61e6ae6cc1e