RaspberryPi
コルキットスピカ
天体撮影

Raspberry Pi + コルキットスピカ望遠鏡で天体撮影システムを作る

RaspberryPi で天体撮影するシステムを作りました。

IMG_20180909_072351.jpg

望遠鏡部分は、手作り望遠鏡キット「コルキットスピカ」を使用。

IMG_20180909_072119.jpg

RaspberryPI部分

IMG_20180909_072158.jpg


必要セット

コルキットスピカと改造パーツセットです

IMG_20180909_073357.jpg

コルキットスピカ。この中にパーツが沢山入っています。パーツの中にパーツが入っていたりするのでよく注意しましょう。

IMG_20180909_073158.jpg

コルきっとスピカの取扱説明書です。これに基づいてまずは普通に組立てます。右側の補足を作業し忘れるので特に注意!

IMG_20180909_073555.jpg

改造パーツ一式です。

IMG_20180909_073321.jpg


  • Raspberry Pi 用カメラ

  • 木の板

  • ネジ x 4

  • ベルクロバンド

  • インシュロック x 2

  • 漏水防止テープ

  • ゴム足

  • 水道管パーツA

  • 水道管パーツB

照準スコープは、標準の組み立て方とは異なり、インシュロックで止めておきます。

IMG_20180909_072153.jpg


カメラの改造

注意!!!静電気、ショートなどで簡単に壊れます! 

左側:互換カメラ 右側:高感度+赤外線カメラ

IMG_20180909_074420.jpg

いきなり改造する場合はそのままでもいいですが、事前に非改造のまま動作確認するときなどは、レンズ保護フィルムの取り忘れに注意。

IMG_20180909_074443.jpg

これから、以下のように分解していきます。

IMG_20180909_074810.jpg

センサ部分を取り外し、レンズをラジオペンチで緩めて外します。

IMG_20180909_074602.jpg

センサ部分の裏側に、粘着テープの保護紙が付いている場合ははがします。

IMG_20180909_074633.jpg

互換カメラの場合、端の部分を削っておきます

IMG_20180909_075221.jpg

LEDが光るようになっていますが、その配線を削ります。

IMG_20180909_075304.jpg

改造の終わったカメラ

IMG_20180909_075436.jpg


鏡筒をつくる

このパーツは、端面をやすって平らにしておきます。

IMG_20180909_074225.jpg

IMG_20180909_074036.jpg

配管用シールテープを巻きつけてグラつき防止

IMG_20180909_073838.jpg


RaspPiシステム化

鏡筒を差し込みます。

IMG_20180909_072820.jpg

IMG_20180909_072803.jpg

RasPiを木の板にネジ止め。ベルトを通しておきます。

IMG_20180909_072715.jpg

カメラをゴム足に装着。

IMG_20180909_072643.jpg

配線をします。

IMG_20180909_072533.jpg

完成。

IMG_20180909_072526.jpg

ピントは、ゴム足部分を回転しないように押さえながら8角形の部分を回します

IMG_20180909_072425.jpg

PCに接続し、撮影します。

IMG_20180909_072618.jpg


オペレーション

撮影方法などは、別記事を参照

「Raspberry Pi + コルキットスピカ望遠鏡で天体撮影する」

https://qiita.com/nanbuwks/items/3eb1cec837375ef740eb