Help us understand the problem. What is going on with this article?

XCode6.3でAlamofire-SwiftyJSONを使う

More than 5 years have passed since last update.

iOS アプリ開発 Swift対応版」に書かれていた、
Alamofire-SwiftyJSONを導入する方法がうまくいかなかったので解決策をメモ。

  1. Podのinstall

この記事を参考に、以下のPodfileをinstall。

Podfile
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.2'
use_frameworks!

# for Xcode6.3
pod 'Alamofire', '~> 1.2.0'

# for Xcode6.3
pod 'SwiftyJSON'

# Alamofire-SwiftyJSON
pod 'Alamofire-SwiftyJSON', :git => "https://github.com/SwiftyJSON/Alamofire-SwiftyJSON.git"

pod 'SDWebImage' 

target 'GourmetSearch' do

end

target 'GourmetSearchTests' do

end

2.「segmentation fault: 11」エラーを解消

stackoverflowの以下のAnswerを参考に解消。

Alamofireモジュール等がビルドできていないことが原因でした。

XCODEの左上の■ボタンの右隣のビルドターゲットにAlamofire等が表示されていなかったので、
Manage Schemes で Pods-[Target名]-Alamofire等の>Showにチェックを入れました。

するとビルドターゲットに表示されたので、Alamofire、SwiftyJSON、Alamofire-SwiftyJSONの
順番でビルドしてから、自分のプロジェクトを最後にビルドすると、該当のエラーは消えました。

3.実機ビルド時に発生した例外を解決

iPhone5(iOS8.3)にビルドしようとしたところ、以下の例外が発生。

module.modulemap:10:12: error: header 'SwiftyJSON-Swift.h' not found

「SwiftyJSON-Swift.h」で検索してみたが、該当するファイルはない。
以下のようにエラー部分をコメントアウトしたらビルドできた。

module.modulemap
framework module SwiftyJSON {
  umbrella header "SwiftyJSON.h"

  export *
  module * { export * }
}

module SwiftyJSON.Swift {
    //実機ビルド時にエラーになったのでコメントアウト
    //header "SwiftyJSON-Swift.h"
}

このエラー、ビルド対象がシミューレータだと発生しない。なぜだろう。

jmty
日本最大のクラシファイドサイト「ジモティー」を開発・運営するスタートアップ
http://jmty.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした