Help us understand the problem. What is going on with this article?

S3のバケットをcloudflare経由で独自サブドメインで運用する

概要

AWSとcloudflareを連携させてS3のバケットを独自運用しようという話です。
色々調べてできたのですが、その後わざわざAWSのS3使うメリットも薄れてきたので、
サーバー直置きにする関係でこれを個人的に記録しようというのがきっかけです。
Route53でもできる話なのですが、サーバーがAWSでない時に画像置き場としてS3を使いたい時など有用だと思います。
(具体的にはHrokuとAWSを使ってwordpressで自分のサイトを運営してたのですが、そもそもwordpressくらいなら月に300円程度でそこそこのレンタルサーバーを借りた方がいいなと思いレンタルサーバーに引っ越すついでにこれを行うという私的事情です。)

AWSのS3側の設定

スクリーンショット 2020-04-20 23.29.10.png

まずはバケットを作成します。バケット名は使用するサブドメイン名と同一にします。
ちなみにバケットは一意な値なので先に取られていたら作成することができません。
今回はサンプルで自分のドメインの nkmt.info に対してサブドメインimage.nkmt.infoを使うという意味でS3のバケットを作っています。

バケットにパーミッションを設定

スクリーンショット 2020-04-20 23.38.16.png

つくったばかりのバケットには外部からデフォルトでアクセスが禁止されてしまっているので、バケットポリシーを追加し許可をします。

{
    "Version": "2020-02-29",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "PublicReadGetObject",
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:GetObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::image.nkmt.info/*"
        }
    ]
}

ちなみに上記の設定はむかしネットで探してきたのですが、参照元を忘れてしまいました。確か公式にも似たようなことが書かれていたと記憶。

アクセスしてみる

適当なファイルをS3にあげてみてアクセスしてみましょう。
例えば下記のURLの場合は、S3のバケット名とその後にフォルダパスとなっています。

https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/image.nkmt.info/wp-content/uploads/2016/12/server.jpg
※ サーバー引っ越すので上記は見れなくなってます。

ttps://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com + バケット名 + ファイルパス

このバケットへのアクセスのURLは別のURLからもアクセス可能です。

http://image.nkmt.info.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2016/12/server.jpg

ttp:// + バケット名 + .s3.amazonaws.com/ + ファイルパス

これをcloudflareにエイリアスとしてcnameに設定するということです。

cloudflareの設定

スクリーンショット 2020-04-20 23.51.26.png

cloudflareをDNSとして利用している前提ですので上記のようにすればcnameに設定すればできます。
cnameに入れるのは下記のアドレスです。
ttp:// + バケット名 + .s3.amazonaws.com/ + ファイルパス

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした