Help us understand the problem. What is going on with this article?

VagrantでMailCatcher環境構築(CentOS6 + PHP)

More than 1 year has passed since last update.

全体の流れ

  1. Ruby2系を入れる
  2. GemでMailCatcherを入れる
  3. PHPで動くように設定
  4. VagrantのIPを指定して起動

Ruby2系のインストール

標準リポジトリではRuby1.8が入ってしまうためRHSCLを利用する
rbenvを使おうかと思ったが設定周りで事故りそうなので今回はRHSCLを利用する事にする

RHSCLからRuby2.3をインストールしPATHを通す

# yum install centos-release-scl
# yum install rh-ruby23 rh-ruby23-ruby-devel
# ln -s /opt/rh/rh-ruby23/enable /etc/profile.d/rh-ruby23.sh

PATHが通ってるか確認

# ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-linux-gnu]

GemでMailCatcherをインストール

MailCatcherをインストールするにはまだ必要な物があるため引き続きyumでインストール

# yum install gcc gcc-c++ sqlite-devel

必要な物が揃ったのでMailCatcherをインストール

# gem install mailcatcher

PHPで動くように設定

php.iniのmail関連の設定を下記のように変更(hostやportはライブラリ側で設定しても良い)

SMTP = 127.0.0.1
smtp_port = 1025
sendmail_from = no-reply@example.com
sendmail_path = /usr/bin/env /opt/rh/rh-ruby23/root/usr/local/bin/catchmail

VagrantのIPを指定して起動

# mailcatcher --http-ip 192.168.33.10

確認
http://192.168.33.10:1080

nagi125
名古屋在住のエンジニア。 ユーザー企業で開発組織を作っていきたいなーと思いながら働いています。
up-wish
愛知で「住まいの窓口ハウスボカン」を7拠点展開。注文住宅やリフォームも自社で行っている。
https://www.housebokan.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away