Help us understand the problem. What is going on with this article?

XenからKVMへのゲストイメージ変換

More than 3 years have passed since last update.

RedHatがRHEL6系から仮想化ソフトウェアがXenからKVMに変更されたため
古いサーバで動作しているゲストOSを、KVMに変換しつつホストOSを引越しする。

旧ホスト(CentOS5)から新ホスト(CentOS7)へ移行する手順。

参考サイトに情報があったが、多少変わっている部分もあったので手順を載せておく。
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Virtualization_for_Desktops/2.2/html/Administration_Guide/virt-v2v-scripts.html
http://blog.tsunokawa.net/entry/20111109/p1
https://blog.tnmt.info/2010/02/08/migrate-vm-xen-to-kvm-on-centos5/

旧ホスト(Xen)作業 「CentOS5」

1.ミドルウェアインストール

Xenで動作しているゲストOSに、インストールしておく。

yum install kernel grub

2.設定の変更

この設定を行った後シャットダウンすると、Xen側では起動しなくなるので注意。

vi /boot/grub/grub.conf

kernel /vmlinuz-2.6.18-238.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 consoole=xvc0
↓
kernel /vmlinuz-2.6.18-238.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 consoole=xvc0 console=ttyS0,115200n8

vi /etc/inittab

co:2345:respawn:/sbin/agetty xvc0 115200 vt100-nav
↓
co:2345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 115200 vt100-nav

(もしくは追記)

vi /etc/securetty

ttyS0

(追記)

3.定義ファイルの出力

virsh dumpxml VM名 > /tmp/VM名.xml

以上の3点を行い、ゲストOSをシャットダウンさせたら
xmlファイル、imgファイルを新ホストにコピーする。
(imgファイルを退避させる場所があれば、1台のサーバで新OSをインストールし直して移行する事も出来る)

新ホスト(KVM)作業 (CentOS7)

CentOS7をインストールする時に、パッケージ「仮想化」をインストールしておく。

1.ストレージプールの作成

作成する

virsh pool-create-as default --print-xml dir null null null null /var/lib/libvirt/images > default.xml
virsh pool-create default.xml

確認する

virsh pool-list

2.イメージのコンバート

旧OS側で作成した、xmlファイルを編集しておく。

  • 新ホスト側のimgファイルのパスに変更する
  • brigeの名前を変更する(xenbr0→virbr0など)
virt-v2v -v -x -i libvirtxml VM名.xml -os default

コンバートが終わったら起動するはず。

virsh start VM名
virsh console VM名

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした