Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJ で Go ファイル保存時に整形する

More than 1 year has passed since last update.

いままでは IntelliJ の external tool として goimports を設定して、ファイル保存時に goimports を実行するマクロを作って、ファイル保存キーマップを置き換える方法で実現してた。ただ、新しい pc に変えたときとか IntelliJ アップデートした場合とかに再設定するのが面倒で、もっと簡単な方法ないかなーと思ったら File Watchers ってプラグインが良かった。

2017/11 追記: 本記事では IntelliJ を対象としていますが、Gogland や GoLand でも同じ方法で OK です。今だったら goimports より goreturns がオススメかな。


プラグインをインストールして、

install plugin

Custom テンプレートで新しい設定項目開いて、

new config

goimports のパスをこんな感じに設定(追記: Immediate file synchronizationは無効のほうが良い)して、

edit config

Apply するだけ。

run apply


簡単に設定できるし Go ファイルだけに適用されるのでオススメ。結構有名なプラグインっぽいけど初めて知ったので忘却メモとして書いてみた。他の外部ツールを実行する際にも使えそう。あと Immediate file synchronization オプションを有効にするとファイルの変更を検知したタイミングで自動整形されるけど、カーソルがズレて面倒だから無効にして保存時のみにしたほうが良かった。

元ネタ:
http://marcesher.com/2014/03/30/intellij-idea-run-goimports-on-file-save/
http://jen20.com/2015/09/14/gofmt-or-goimports-in-intellij.html

na_ga
{ "twitter": https://twitter.com/na_ga, "facebook": https://www.facebook.com/katsutoshi.nagaoka }
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした