Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2インスタンス用のIAMロール作成手順

More than 5 years have passed since last update.

■はじめに

AWSでEC2インスタンスを運用する際、アクセスキーやIAM(Identity & Access Management)ロールを利用して、AWSリソースへのアクセスを制御する事があるかと思います。

以下はAWS Management ConsoleからEC2インスタンスに割り当てるIAMロールを新規作成する手順例になります。

■参考サイト

以下のサイトを参考にさせて頂きました。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/create-role-xacct.html
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/iam-roles-for-amazon-ec2.html

■IAMロール作成手順

・AWS Management Consoleにログインします。

IAMロールを作成したいAWSアカウントに対して、IAMロール作成権限を持ったユーザでログインします。

https://********.signin.aws.amazon.com/console

・「Identity & Access Management」->「Roles」をクリックします。

WS000001.gif

・「Create New Role」をクリックします。

WS000182.gif

・作成したいIAMロール名を入力します。
「Set Role Name」で「Role Name」に作成したいIAMロール名を入力します。「Next Step」をクリックします。今回の例では以下のロール名でIAMロールを作成します。

WS000183.gif

・IAMロールのタイプを選択します。
「Select Role Type」で「Amazon EC2」を選択して「Select」をクリックします。

WS000184.gif

・IAMロールに設定したいIAMポリシーを指定します。
「Set Permissions」でIAMロールに設定したいIAMポリシーを指定します。今回の例では「Select Policy Template」->「CloudWatch Logs Full Access」を選択して「Select」をクリックします。

WS000185.gif

「Select Policy Template」->「CloudWatch Logs Full Access」を選択した場合、以下のようなIAMポリシーが表示されます。今回の例では「Next Step」をクリックしてIAMロールに以下のIAMポリシーを設定します。

WS000186.gif

Policy Name:

CloudWatchLogsFullAccess-unbound-server-role-201501180000

Policy Document:

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Action": [
        "logs:*"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": "*"
    }
  ]
}

・IAMロールを作成します。
「Create Role」をクリックしてIAMロールを作成します。

WS000187.gif

以下のように作成したIAMロールが表示されている事を確認します。

WS000000.gif

■EC2インスタンスへのIAMロール割り当て

作成したIAMロールについては、AMIからEC2インスタンスを新規作成する際、割り当てる事が出来ます。

「AWS Management Console」->「EC2」->「Launch Instance」でEC2インスタンスを作成画面を表示します。

「Step 1: Choose an Amazon Machine Image (AMI)」->「Step 2: Choose an Instance Type」->「Step 3: Configure Instance Details」画面の「IAM Role」で、IAMロールを選択する事によって、EC2インスタンスにIAMロールを割り当てる事が出来ます。

WS000002.gif

以上になります。

na0AaooQ
インフラエンジニアとして、データベースやインフラ構築、オンプレミスからAWSへの移行等を担当。現在はビジネスを加速させるDBやCRM実現に向けて、Salesforce等のシステム開発に取り組んでいます。 https://www.lifull.blog/entry/2020/01/30/173922 https://www.lifull.blog/entry/2019/06/21/190753
https://www.lifull.blog/entry/2019/06/21/190753
lifull
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を始め、人々の生活に寄り添う様々な情報サービス事業を展開しています。
https://lifull.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした