search
LoginSignup
29

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

AWS EC2インスタンス用のIAMロール作成手順

■はじめに

AWSでEC2インスタンスを運用する際、アクセスキーやIAM(Identity & Access Management)ロールを利用して、AWSリソースへのアクセスを制御する事があるかと思います。

以下はAWS Management ConsoleからEC2インスタンスに割り当てるIAMロールを新規作成する手順例になります。

■参考サイト

以下のサイトを参考にさせて頂きました。

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/create-role-xacct.html
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/iam-roles-for-amazon-ec2.html

■IAMロール作成手順

・AWS Management Consoleにログインします。

IAMロールを作成したいAWSアカウントに対して、IAMロール作成権限を持ったユーザでログインします。

https://********.signin.aws.amazon.com/console

・「Identity & Access Management」->「Roles」をクリックします。

WS000001.gif

・「Create New Role」をクリックします。

WS000182.gif

・作成したいIAMロール名を入力します。
「Set Role Name」で「Role Name」に作成したいIAMロール名を入力します。「Next Step」をクリックします。今回の例では以下のロール名でIAMロールを作成します。

WS000183.gif

・IAMロールのタイプを選択します。
「Select Role Type」で「Amazon EC2」を選択して「Select」をクリックします。

WS000184.gif

・IAMロールに設定したいIAMポリシーを指定します。
「Set Permissions」でIAMロールに設定したいIAMポリシーを指定します。今回の例では「Select Policy Template」->「CloudWatch Logs Full Access」を選択して「Select」をクリックします。

WS000185.gif

「Select Policy Template」->「CloudWatch Logs Full Access」を選択した場合、以下のようなIAMポリシーが表示されます。今回の例では「Next Step」をクリックしてIAMロールに以下のIAMポリシーを設定します。

WS000186.gif

Policy Name:

CloudWatchLogsFullAccess-unbound-server-role-201501180000

Policy Document:

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Action": [
        "logs:*"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": "*"
    }
  ]
}

・IAMロールを作成します。
「Create Role」をクリックしてIAMロールを作成します。

WS000187.gif

以下のように作成したIAMロールが表示されている事を確認します。

WS000000.gif

■EC2インスタンスへのIAMロール割り当て

作成したIAMロールについては、AMIからEC2インスタンスを新規作成する際、割り当てる事が出来ます。

「AWS Management Console」->「EC2」->「Launch Instance」でEC2インスタンスを作成画面を表示します。

「Step 1: Choose an Amazon Machine Image (AMI)」->「Step 2: Choose an Instance Type」->「Step 3: Configure Instance Details」画面の「IAM Role」で、IAMロールを選択する事によって、EC2インスタンスにIAMロールを割り当てる事が出来ます。

WS000002.gif

以上になります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
29