Help us understand the problem. What is going on with this article?

Microsoft TeamsのWebhook URLにNode.jsから情報を送ってみる

最近仕事のやりとりでTemasを使う機会が増えてきました。

Teamsのハックを出来ないかと調べてみているメモです。

Webhook URLの取得

自分が管理権限があるチームの左下にアプリボタンがあると思います。

スクリーンショット 2020-09-15 16.27.59.png
割とこの第1ステップで迷いました。

ここからIncomming Webhookを探してチームに追加します。

利用するチャンネルを選びます。

名前を適当に決めましょう。

作成ボタンを押すとhttps://outlook.office.com/webhook/~~~というアドレスが発行されます。

CURLで試す

cURLだと以下をコピペで実行できます。

$ curl -H 'Content-Type: application/json' -d '{"text": "Hello World"}' <YOUR WEBHOOK URL>

実行結果はこんな感じです。

スクリーンショット 2020-09-15 16.36.56.png

参考: cURL を使用してメッセージを Webhook に投稿する

ここまできたらこちらのものですね。

Node.jsから試す

axiosを利用します。

$ npm ini -y
$ npm i axios
app.js
'use strict'

const axios = require('axios');
const URL = `https://outlook.office.com/webhook/~~~`; //各自のWebhook URL

axios.post(URL, {text: 'Node.jsから送信'})
    .then(res => console.log(res.data));

シンプルなコードですね。
実行します。

$ node app.js
1

res.dataには1という数字が返ってくる模様。

スクリーンショット 2020-09-15 16.53.26.png

所感

Webhook URLの発行で結構迷いました。Slack, LINE, Discordなど様々なBOTを触りましたが今回はどんなパターンだろう......といった感じです。今のところの結論はSlack BOTに近いような印象です。Incoming WebhookのアプリというかBOTアカウントをチームに追加すると、連動しているWebhook URLが発行されるといった流れ。

他にもやり方ある気がするので引き続き調べてみます。

n0bisuke
プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」で教えたりしてます。 プロフ -> https://dotstud.io/members/n0bisuke
https://protoout.studio
dotstudio
全ての人がモノづくりを楽しむ世界を目指して活動しています。
https://dotstud.io
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした