Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでのBLEデバッグツールを調べてみる (2020年2月版)

Mi Band 4にBLEアクセス出来ないかを調べていて、MacでのBLEデバッグのツールをいくつか試したのでまとめてみます。

ちなみにmacOS Catalina(mac book pro 2019)です。

Light Blue

一番よく使ってましたが......

現在は公開されていない模様です。

残念orz

iPhoneアプリ版は健在です。

BlueSee

BlueSee BLE Debuggerというものを使ってみました。

Bluetooth Explorer

Appleの公式ツールです。

Xcodeが無いと使えないみたいな噂がありましたが、Xcode無しでも使えました。

こちらのApple Developersのページからダウンロードできます。

https://developer.apple.com/download/more/?=additional%20Tools

スクリーンショット 2020-02-15 15.29.35.png

Additional Tools (for Xcode11が現時点最新)というツール群の中に同梱されてました。

スクリーンショット 2020-02-15 15.29.41.png

  • Low Energy Devices

機能ありすぎて分からなくなりそうですが、Devices > Low Energy Devicesを開くと使えます。

スクリーンショット 2020-02-15 15.45.07.png

Bluetility

https://github.com/jnross/Bluetility/releases

Bluetility is inspired by LightBlue, a free bluetooth utility published by Punch Through Design. Bluetility was created to resolve issues in this tool, and add missing features:

って書いてるのでLightBlueにインスパイアされてるツールのようです。

少し触ってみましたがシンプルに確認したいだけの時には良いかもしれません。

所感

前に使っていたLight Blueがすごく良かったので、その代替になるツールを探すような感じでしたね。

全体的にちょっと触っただけですが、BleeSeeが良さげかなぁという印象です。
Bluetooth Explorerと並行して使ってみて絞ってみたいと思います。

そもそもはMi Band 4を試したいモチベで調べてた内容なので、こっちについてもそのうちまとめます。 ちなみにMi Band 4はiPhoneとのリコネクトが強いので、試すときはiPhoneのBluetoothをオフにしてたりします。 iPhone版のBLEデバッグツールはこの使い方だと使えないんですよね...


参考: https://speakerdeck.com/n0bisuke/sok-mi-band-4wojavascriptde-number-iotlt-vol60-at-docs

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした