Help us understand the problem. What is going on with this article?

CLIとVSCodeでKotlin開発を始めてみるメモ #teratail_kt

More than 1 year has passed since last update.

Kotlin初心者向けハンズオン #2にて。

参加二回目なので、今度はVisual Studio Code(VSCode)でやってみます。

Kotlinのインストール

$ brew install kotlin
==> Downloading https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/download/v1.1.50/kotlin
==> Downloading from https://github-production-release-asset-2e65be.s3.amazonaws.com
######################################################################## 100.0%
🍺  /usr/local/Cellar/kotlin/1.1.50: 48 files, 36.1MB, built in 1 minute 50 seconds

インストールが完了したらバージョン確認

$ kotlinc -version
info: kotlinc-jvm 1.1.50 (JRE 1.8.0_101-b13)

これで無事にインストール

ハローワールド

hello.ktを作成

hello.kt
fun main(args:Array<String>){
    println("Hello, Kotlin")
}

コンパイルしてhello.jarを作成

$ kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar

実行

$ kotlin hello.jar
Hello, Kotlin

無事にハロワールドできました。簡単!

VSCodeのプラグイン

何も入れてないとこんな感じです。シンタックスハイライトないですね苦笑

スクリーンショット 2017-09-30 13.33.45.png

プラグインはKotlin Languageというものがあります。

スクリーンショット 2017-09-30 13.34.58.png

インストールしてVSCodeを再起動するとこんな感じでシンタックスハイライトされます。

スクリーンショット 2017-09-30 13.35.52.png

VSCodeの組み込みターミナルで実行してあげると中で全部やってる感がでます。

感想

これだけなら割と簡単に始められそうな印象。

kotlinをインストールしたら使えるkotlinc-jsってコマンドが気になってたり、server side kotlinとかも気になってるので少し調べてみます。

参考

n0bisuke
プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」で教えたりしてます。 プロフ -> https://dotstud.io/members/n0bisuke
https://protoout.studio
dotstudio
全ての人がモノづくりを楽しむ世界を目指して活動しています。
https://dotstud.io
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした