Edited at

[AWS] サインイン画面が重すぎたので、その対処

More than 1 year has passed since last update.


何があった?

AWSマネジメントコンソール(以下「マネコン」)のサインイン画面が重すぎ(遅すぎ)る。

ブラウザのアイコンがくるくる回り続け、数十秒かかって結局画面が開かず中断されることもある。

別ネットワークに切り替えたらそこまで遅いわけでもなかったので、単にプロバイダの問題かもしれない。でもやっぱりちょっと遅い。


ふと気づいた

https://us-east-1.console.aws.amazon.com/     → 遅い

https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/   → 速い

当方、日本からの利用です。

わざわざアメリカまで行ってるから遅かったんですね。

というかマネコンって CloudFront で近場のエッジ使ってるものだと思ってた。サインイン画面は例外なのかな。


でもIAMユーザーでサインインするときって

「どのアカウントに」を毎回入力するのが面倒なので、IAM画面のダッシュボードに表示されている下記のサインインリンクを使ってます。

https://<Account-Alias>.signin.aws.amazon.com/console

しかしこれだと us-east-1 のサインイン画面に飛ばされてしまう。


対処法

https://<Account-Alias>.signin.aws.amazon.com/console?region=ap-northeast-1

後ろにリージョン情報 ?region=ap-northeast-1 をくっつけてみたら、そのリージョンのサインイン画面に飛ぶようになりました。

これで快適。


ちなみに

今回の件とはあまり関係なく考慮すべきことなんですが。

CloudTrail で ConsoleSignin のログを取る場合、リージョン別に出力されることに注意。

CloudWatch Events も各リージョンでイベントが発生します。

ConsoleSignin を検知して何かしようと思ったら、全リージョンにCloudTrailの設定が必要です。

CloudTrail は 全リージョン設定が一発で出来るようになってますが、CloudWatch Events のほうは各リージョンで個別に設定する必要があります。