Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESLint v3.18.0

More than 3 years have passed since last update.

v3.17.0 | 次 v3.19.0

ESLint 3.18.0 がリリースされました。
いくつかの機能追加・バグ修正が行われています。

質問やバグ報告等ありましたら、お気軽にこちらまでお寄せください。


✨ 本体の変更

#5407: AST Selectors

プラグイン・カスタム ルール開発者向けです。

各ルールは AST の種類毎にイベントハンドラを書くことで実装されていますが、そのイベント名に AST Selectors を利用できるようになりました。
例えば、let定義を調べたい場合のコードは次のように簡潔になります。

例.(before)
exports.create = (context) => ({
    VariableDeclaration(node) {
        if (node.kind === "let") {
            // 調べる
        }
    }
})
例.(after)
exports.create = (context) => ({
    "VariableDeclaration[kind=let]"(node) {
        // 調べる
    }
})

これに伴い、no-restricted-syntax ルールのオプションとしても AST Selectors が利用できるようになりました。

例.(xdescribe関数呼び出しを禁止する)
{
    "rules": {
        "no-restricted-syntax": [
            "error",
            "CallExpression[callee.name='xdescribe']"
        ]
    }
}

💡 新しいルール

今回はありません。

🔧 オプションが追加されたルール

#7632: no-unused-expressions (allowTaggedTemplates)

タグ付きテンプレートを副作用を持つ式として扱うオプションが追加されました。

/*eslint no-unused-expressions: [error, {allowTaggedTemplates: true}] */

//✘ BAD
`hello, ${world}!`

//✔ GOOD
tag`hello, ${world}!`

✒️ eslint --fix をサポートしたルール

今回はありません。


mysticatea
ESLint のメンテナ。Vue.js の開発チームメンバー。JavaScript 言語仕様書 ECMA-262 や JavaScript 構文解析器 Acorn のコントリビューター。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした