Posted at

bitnamiのGitLabを使ってGit勉強


bitnamiのGitLabを使ってGit勉強

Gitに限らず、使い方を覚えるにはひたすら手を動かすのがよいと思います。その時、自分専用の、壊れてしまってもよいGitサーバがあると、気持ちが楽です。

bitnamiは様々なWebアプリケーションを手軽に試すことができます。GitLabも提供されていますので、今回はGitLabを使用します。執筆時点では以下の作業が必要になります。GitクライアントとVirtualBoxは準備済み、とします。



  1. bitnamiからGitLabのOVAファイルをダウンロード

  2. OVAファイルをVirtualBoxにインポート後、GitLabをホストするサーバのSSHを有効化

  3. SSH用の公開鍵を用意してGitLab上の設定画面に登録


Gitサーバ構築


GitLabのOVAファイルをダウンロード

bitnamiのアプリケーションカタログから「GitLab」を検索して、OVAファイルをダウンロードします。VirtualBoxにOVAをインポートします。起動後、セットアップに時間がかかるようですので、気長に待ちます。準備が出来たら、以下のようにIPやパスワードなどがログイン画面に表示されます。Webブラウザでアクセス出来るか確認します。

セットアップ完了後のコンソール


GitLabをホストするサーバのSSHを有効化

Chromeなどでアクセスするとわかりますが、bitnamiで用意されたサーバは自己証明書を用いています。自己証明書だとHTTPSでクローンできません。SSHでクローンすると、サーバ側でSSHが無効になっているため、やはりクローンできません。

SSHを有効にする方が楽ですのでSSHを有効にします1

VM上でログイン後、コンソールで以下のコマンドを実行します。初期ユーザ名とパスワードは「bitnami」です(初回ログイン時に変更要求されます)。下記の設定方法はbitnamiの公式ページに記載されています。

sudo rm -f /etc/ssh/sshd_not_to_be_run

sudo systemctl enable ssh
sudo systemctl start ssh


SSH用の公開鍵を用意してGitLab上の設定画面に登録

GitLabでSSH接続するまでの手順を@kyamawakiさんがQiitaの記事で投稿してくださっていますので、そちらを参考にしてください。


お勉強

以下のサイトなどでコマンドを実行しながら、Gitの動きを確認します。





  1. Gitの通信プロトコルは4種類あるようです。詳細はこちらから。