Help us understand the problem. What is going on with this article?

Access VBA:Excelファイル をインポートする

処理概要

Excelファイルを Accessのテーブルにインポートする処理についてです。

VBAで作成するには、次のような手順になります。

  • ExcelファイルをAccessのテーブルに変換する。
  • 変換したテーブルを既存のテーブルに追加する。

マニュアル操作で行うと

ExcelのファイルをAccessにインポートするには、次のような操作で、インポートすることができます。

[新しいデータソース]-[ファイルから]-[Excel]を選択します。
image.png

画面に従って、[次へ]を押します。
image.png

プログラムコードで書くと

インポートする処理をプログラムコードで書くと、次のような1行で書くことができます。
sample.xlsx を テーブル T_ExcelImport に変換する処理です。

DoCmd.TransferSpreadsheet acImport, acSpreadsheetTypeExcel9, "T_ExcelImport", "c:\sample.xlsx", True

サンプルファイル ダウンロード

image.png

サンプルファイルは、下記の OneDrive からダウンロードできます。

【エクセルインポート】
https://1drv.ms/u/s!AiwZpyuHUgQBj7YoW1x_c1H_yELVIA?e=luFsf6

【サンプルファイル一覧】
https://1drv.ms/u/s!AiwZpyuHUgQBj7Yj0iyQ2-RXKtPUtg?e=4D2gyf

読込用の画面を作成

しかし、実際にシステム化するには、次のような手順が必要になります。

1.インポートするExcelファイルを指定する。
2.テーブル[T_ExcelImport]が、存在する場合は、削除する。
3.管理しているテーブルに、項目を照合してSQL文を作成する。
4.Excelファイルをインポートする。

Access で、読込用の画面を作ると、下図のようになります。

1.項目名が、一致すると[(読込)Excel項目名]に表示されます。
2.一致しない項目名は、[(読込まない)Excl項目名]に表示されていますので、リストから選択してください。

image.png

AccessとExcelを連携したシステムを公開しています

データベースをAzure SQL にセットして、AccessやExcelのプログラムから データベースを遠隔地間で共有するシステムを公開しています。


http://access-cloud.hatenablog.com/entry/database

muramoto_jp
データベースをAzure SQL にセットして、AccessとExcelを使ってクラウドシステムを作るための情報を発信しているQiitaページです。皆さんの厳しいご意見をお待ちしています。http://access-cloud.hatenablog.com/
http://access-cloud.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした