Edited at

突然GitHubとhttps通信できなくなったときの解決メモ

More than 1 year has passed since last update.

先日githubにpushしようとしたところ、


error: while accessing https://******@github.com/******/******.git/info/refs

fatal: HTTP request failed


と言われてしまい、解決するまでに時間を要してしまったのでメモしておきます。


当方環境

CentOS 6.7(vagrant + VirtualBox)

git version 1.7.1


結論

yum update -y nss curl libcurl

したらいけた。


解決経緯

エラーメッセージでググってみると

公式ヘルプっぽいページ(https://help.github.com/articles/https-cloning-errors/)

がヒット

当方gitのバージョンが1.7.1だったので最新バージョンに上げてみることに。

https://qiita.com/mochimochi-inu/items/914debabca56acc20a6d

の手順を参考にソースから

gitのバージョンを2.16.2に更新

試しにgit fetchしてみると


fatal: unable to access 'https://******@github.com/******/******.git/': SSL connect error


と出てきてエラーメッセージに変化が!

さらにググると

https://stackoverflow.com/questions/48938385/github-unable-to-access-ssl-connect-error

がヒット


nssとcurlライブラリの問題だよ

yum update -y nss curl libcurl

てやったら解決するよ


と言っているようなので言われるまま

yum update -y nss curl libcurl

を実行し再びgit fetchすると見事成功!解決しました!

githubさんが古い通信ライブラリからの通信を弾く様にしたのか、原因詳細は定かではありませんが、ひとまずpushできるようになったので良しとしておきます。