Java
JavaDay 1

2017年のJavaとこれからのJavaの話

普段は主にTips系の記事を投稿していますが、せっかくのAdvent Calendarなので、2017年のJavaとこれからのJavaの話をします。


2017年のJava


KotlinがAndroidアプリの公式開発言語に認定

2017年5月17日、JVM言語の一つであるKotlinが、Androidアプリの公式開発言語に選ばれました。1

Kotlinは「100% interoperable with Java and Android」とうたっているだけあってJavaとの親和性が高く、Androidに限らず既存のJavaプロジェクトへの導入も容易なのが特徴です。


関連リンク


Java EEがOracleからEclipse Foundationに移管

2017年9月12日、OracleはJava EEEclipse Foundationに移管することを発表しました。2

昨今のJava EEは仕様策定の動きが停滞化していましたが、今後はコミュニティへ委ねる形になります。


関連リンク


Java 9がリリース

2017年9月21日、Java 9Java SE 9)がリリースされました。3

Javaにおけるメジャーアップデートは、2014年3月18日にリリースされたJava 8以来、3年半ぶりとなります。

Java 9には、モジュールシステムやJShellなど、Javaにとって大きなアップデートが含まれています。

また、コレクション(List、Set、Map)、Optional、Streamなどの既存APIも強化されました。


関連リンク


Java EE 8がリリース

2017年9月21日、Java SE 9と同時にJava EE 8もリリースされました。4


関連リンク


これからのJava


リリースモデルの変更

Java 9から、Javaのリリース形態はLTSモデルに移行しました。5

今後、JDKは半年ごとにリリースされ、3年ごとにLTSバージョンが提供される予定となっています。

それに伴い、バージョン表記もこれまでのような桁上り形式ではなく、リリース次期の年と月をとってyy.M形式になる……はずだったのですが、次期バージョンは従来通りJava 10になるのだそうです(不評だったのでしょうか)。67

また、今後OpenJDKとOracle JDKは徐々に統合されてゆき、2018年後半には差分がなくなる予定だそうです。