Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mac標準「スクリーンショット」の意外と知られていないTips

More than 1 year has passed since last update.

※ "意外と知られていないか"の基準は筆者の主観です。
※ 動作確認環境は、MacOSX Yosemite(10.10.3)です。

ウィンドウ単体を撮る👌

  1. command + shift + 4
    カーソルが十字に。

  2. space
    スペースキーを押下するとカーソルが📷(camera)に。

  3. 撮りたいウィンドウにカーソルを重ねる
    ウィンドウが青くハイライトされる

  4. そのまま画面をクリック

window.png

すると、所定の場所にスクリーンショットを保存できます。

⚠️ ウィンドウがアクティブじゃなくとも、マウスカーソルを合わせることさえできれば無問題
⚠️ ハイライト色は、[環境設定] > [一般] > [強調表示色]で変更可

メニューウィンドウだけを撮る☝️

また、上記の応用という扱いですが、全く同じ手順で、メニューウィンドウのみのスクリーンショットを撮ることもできます。

こんな具合ですね!

menu.png

⚠️ Qiitaのヘッダーにもあるような、Webページ内のHTML等で作られた'メニュー'は不可

クリップボードに直接保存する👊

また、これらのスクリーンショットに関わるコマンドにcontrolを追加押下することで、所定の場所ではなくクリップボードに直接コピーすることができます。

例えば選択範囲を撮る場合は、command + shift + 4 ではなく、以下のようにします。

control + command + shift + 4

⚠️ 保存はされず クリップボードにコピーされるだけであることに注意

ウィンドウ単体をクリップボードにコピーする✋

複合技ですが、

  1. command + shift + 4
  2. space
  3. 撮りたいウィンドウにカーソルを重ねる
  4. controlを押下しながら、画面をクリック ←ココ!!

あとはそのまま、標準のプレビュー.app(⌘N)デザインソフトに貼り付けてお好きなように編集するだけです。
こうすることで、デスクトップが散らかり、処分が大変!!なんてことが減りそうです。

⚠️ ひとつ目のコマンドでcontrolを追加押下してもクリップボードに保存されないことに注意

スクリーンショットの撮影を途中でやめるには👇

escを押下

どのタイミングであってもescapeキーを押下するとキャンセルすることができます。
エンジニアなら比較的すぐに気づく方が多いと思うのですが、escapeキーにあまり馴染みのない人にとっては、無駄なスクリーンショットを撮ってしまうということもあったかもしれません。

おわりに

また何か発見したら追加したいと思います。それではまた👋

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away