RaspberryPi
NAS
OpenMediaVault
Armbian

[メモ] (NAS設定) OpenMediaVault 3 (らずぱい/Armbian on BananaPro)

More than 1 year has passed since last update.


概要


  • Banana ProにOpenMediaVault 3.0.x をインストールして、NASにする。(Samba使用)
    2016年11月29日時点で、v3.0.54

  • SDカード(というか、フラッシュメモリ)は消耗品!
    元々、OMV(3.0.13ベース)で使ってたシステムのmicroSDがだめになった(突然リードオンリーになる??)ので、新しいベースのOMVをインストール、というのが動機。
    ちなみに、新旧どちらも Transcend 8GB Class10使用



  • [メモ] RasPi2でNAS (minibianベースにOpenMediaVault) で


    # [2016-06-04] openmediavaultのバージョンは3.0.13のままのほうがいいらしい。(Pluginsなどが対応していなかったりするので、)


    と書いたが、このときより、よくなってるっぽい。



  • (追記2016-11-29) Raspberry Pi 2 + 2016-09-23-raspbian-jessie-lite.img でも同様の操作で確認



環境


Armbian on Banana Pro


  • LeMaker Banana Pro

  • メディア ... フォーマット済みのものを使用


    • microSD: システム用 8GB class10. armbianイメージ

    • SATA接続: 2.5インチのHDD(200GBくらいの)。ext4

    • USB2.0接続: 数TBのUSB3.0のHDD。NTFS




  • armbian - Armbian_5.20_Bananapipro_Debian_jessie_4.7.3.img


    • サーバなので、ビデオアクセラレーションが必要ない => Vanillaで.

    • Xenial server だと、PHP7がデフォルトで、OMV3に必要なPHP5を入れる方法が... =>Jessieで.

      => Vinilla jessie server採用




  • # LegacyとVanillaの違い (https://docs.armbian.com/Hardware_Allwinner-A20/ より)



    • legacy: video acceleration, NAND support, connecting displays


    • vanilla: headless server, light desktop operations




  • ネットワーク


    • 有線で、DHCPにて、IP取得だが、ルータのほうで、macaddressから、指定のIPを振るようにした。

    • 無線は使える。が、使ってない..(/etc/network/interfacesをごにょごにょすればよい.)




らずぱい(追記2016-11-29)


  • Raspberry Pi 2

  • Raspbian-lite: 2016-09-23-raspbian-jessie-lite.img

  • USB2.0接続の HDD、フラッシュメモリ、カードリーダー


注意点


  • OMVインストール後、sshサーバは、OMVの管理下になるので、WebGUIから、有効化する。

  • armbianで作成したユーザは、アクセス権の管理>ユーザ、から



    • sshsambashareのグループに参加させる。(関連するサービスのグループに入れないと使えない)

    • OMVから、パスワードの設定を行う。(samba側のパスワードの設定もしてくれる?? pdbedit??)




手順


Armbian


  1. microSDにarmbianを焼いて、起動する。(らずぱいにRaspbian焼くときに使うのと同じツール)

  2. 初回起動時、ファイルシステムのリサイズ、swap関係の設定などが行われるので、ちょいと待つ。


  3. root / 1234でログイン。
    初回ログイン時、rootパスワード変更と、最初のユーザの追加のスクリプトが走る。

  4. パッケージ更新・再起動
    sudo apt update ; sudo apt dist-upgrade -y; sudo reboot


  • アップデートにてKernelのversionが4.8.4へ(uname -aにて確認)


    • 更新前> Linux bananapipro 4.7.3-sunxi #26 SMP Wed Sep 14 19:50:18 CEST 2016 armv7l GNU/Linux

    • 更新後> Linux bananapipro 4.8.4-sunxi #6 SMP Sun Oct 23 15:55:47 CEST 2016 armv7l GNU/Linux




Raspbian-lite


  1. microSDにRaspbianを焼いて、起動する。

  2. pi / raspberry でログイン

  3. パッケージ更新・再起動
    sudo apt update ; sudo apt dist-upgrade -y; sudo reboot


  4. raspi-configは、ここでやっても、あとでやってもよいかと。


OpenMediaVault



  1. OMV インストール

    # rootで作業。rootでログインするか、らずぱいならsudo bashで、rootとして、bash起動する


    rootにて作業

    # レポジトリ登録.
    
    echo "deb http://packages.openmediavault.org/public erasmus main" > /etc/apt/sources.list.d/openmediavault.list
    # キーの登録。↓エラーが出るので、2回実行する。
    gpg --recv-keys 7E7A6C592EF35D13 && gpg --export 7E7A6C592EF35D13 |apt-key add -
    gpg --recv-keys 7E7A6C592EF35D13 && gpg --export 7E7A6C592EF35D13 |apt-key add -
    #
    apt-get update
    sudo apt install openmediavault-keyring postfix -y
    # 設定を聞かれたら、 Postfix Configuration => No configurationを選択
    #
    apt-get --yes --force-yes --fix-missing --auto-remove --allow-unauthenticated \
    --show-upgraded --option Dpkg::Options::="--force-confdef" \
    --option DPkg::Options::="--force-confold" --no-install-recommends \
    install openmediavault
    # 設定を聞かれたら、
    # Configuring mdadm => none
    # ProFTPD configuration => standalone
    #
    # OMV
    omv-initsystem
    # 再起動
    reboot




  2. OMV Extrasのインストール


    omvextra関連

    wget http://omv-extras.org/openmediavault-omvextrasorg_latest_all3.deb
    
    dpkg -i ./openmediavault-omvextrasorg_latest_all3.deb
    apt-get update




WebGUIにて


  1. PCのブラウザから、http://ipアドレス/ をひらく
    => OpenMediaVaultのWebUIが開く。

  2. 日本語を選んで、ユーザ:admin, パスワード:openmediavault でログイン


  3. 基本設定 (変更したら、保存して、適用する)


    • システム>


      • 一般設定 : [Web管理者パスワード]タブ : adminのパスワードを変更

      • 証明書>[SSL]タブ : 追加>作成 適当に埋めて、ヲレヲレ証明書作成

      • 一般設定 :[Web管理]タブ: セキュアコネクションを有効にして、さっきの証明書を選択

      • 日付>&時刻 : タイムゾーンとか、ntpサーバとか

      • OMV-Extras : 適当にレポジトリを有効化する。StableとDebian backports。 Testingをいれてもよいけど、動作未保障?
        変更したら、[アップデート].

      • プラグイン: お好みで。[チェック]をして、パッケージ情報のアップデート。


        • openmediavault-flashmemory 3.4.3

        • openmediavault-transmissionbt 3.0.9

        • openmediavault-minidlna 3.3.3





    • ストレージ>


      • 物理ディスク: 接続したHDD確認。電源管理、ライトキャッシュなどの設定

      • SMART: お好みで。

      • ファイルシステム: HDDをマウントする.

      • フラッシュメモリ: 有効にして、/etc/fstabを確認する。(openmediavault-flashmemoryプラグイン)



    • アクセス権の管理>


      • ユーザ> 使用するユーザをクリックして、[編集]で、パスワード再設定、と、グループへの参加ssh,sambashare。公開鍵の登録もできる

      • 共有フォルダ> [追加]を押して、HDD上にフォルダ作成して登録していく。ここで登録されたものが、サービスにて使用できる。






  4. サービス


    1. SSH (普通のパスワード認証なら以下で。セキュリティに関しては...)


      • 有効: 有効

      • ポート: 22

      • rootアカウントでのログインの許可 : 有効

      • パスワード認証: 有効

      • 公開鍵認証: 無効

      • TCP転送: 有効

      • 圧縮: 有効



    2. SMB/CIFS (=Samba)


      • [設定]タブ 有効: 有効にして、他デフォルトのまま、[保存]。

      • [共有]タブにて、[追加]を押して、共有フォルダを選択して、他デフォルトのままで[保存]。



    3. DLNA


      • [設定]タブ 有効: 有効にして、他デフォルトのまま、[保存]。

      • [共有]タブにて、[追加]を押して、共有フォルダコンテンツタイプ(音楽/画像/ビデオ/すべてのメディア)を選択して、[保存]。



    4. BitTorrent


      • [設定]タブ 有効: 有効にして、他、てきとうにオプションを選んで、[保存]。

      • [帯域幅]タブ ダウンロードリミット・アップロードリミットを有効/無効、KBytes毎秒単位で指定[保存]。

      • [Files and Locations]タブ 、共有フォルダを選択して、[保存]。

      • [RPC]タブ 有効、ポートは、9091(デフォルト)だと、http://IPアドレス:9091/で BittorrentのWebインタフェースにアクセス。





# 設定後、上のほうに出てくる、[適用]押す。念のため、再起動しておく。


Windowsから、


  • 以下を実行して、共有フォルダを開く。


    • Explorer のアドレスバー、コマンド実行で、\\IPアドレス\

    • cmd.exe 開いて、start \\IPアドレス\




その他


  • 便利なプラグインあったら、教えてください.