【備忘録】ffmpegを利用した動画ファイルフォーマット変換

More than 3 years have passed since last update.

Macで、動画のファイルフォーマットをmp4へ変換するコマンドラインツールffmpegの簡単な紹介です。


ffmpegのインストール

ffmpegのインストールですが、手軽な方法はhomebrewを利用することだと思います。

brew install ffmpeg


ffmpegの基本的な使い方

ffmpegの基本な使い方は、

ffmpeg -i 元動画ファイル [オプション] 変換後動画ファイル

です。オプションを何もつけない場合、動画、音声ともデフォルトのパラメータが適用され、変換後動画ファイルの拡張子から決まる形式で保存されます。

例えば、

ffmpeg -i source.avi dest.mp4

ffmpeg -i source.mp4 dest.wmv

といった感じです。

この方法で、動画ファイルをmp4フォーマットに変換すると、MacのQuickTimeでは開くことができません。MacのQuickTimeでも開くことので出来るmp4ファイルとするためには、"-pix_fmt yuv420p"などのオプションをつけて変換する必要があります。例えば、

ffmpeg -i source.avi -pix_fmt yuv420p dest.mp4

とします。これで、MacのQuickTimeでも再生することのできるmp4ファイルが生成されます。

ところで、ffmpegでは、連番の静止画像(pngファイルなど)から動画ファイルを生成することも出来ます。例えば、



ffmpeg -i sample%03d.png -pix_fmt yuv420p dest.mp4



とします。この場合は、元となる静止画ファイルはsample001.png、sample002.pngなどの連番ファイルとなっており、dest.mp4という動画ファイルが出力されます。