LoginSignup
6
0

はじめに

初めまして!
エンジニアになって数年、今まで本を読むだけでしたが、もっとプライベートで楽しみながら成長したい!自分が学んだ足跡を残していきたい!と思い記事を書きました!
最終的には自在に開発できるようになりたいと思っています。:triumph:
いろいろな記事を参考にさせてもらっています。:bow_tone2:

「いいね」か「ブックマーク」
を頂けると僕のモチベーションアップになります!:thumbsup:
少しでも気に入っていただけたらよろしくお願いいたします!:thumbsup:

今回の目的

自分の作ったコンポーネントを確認したり検証するための技術を身に付けたい!
公式のクイックスタートを参考に進めていきます。
項目ごとに補足のみ書いて進めています。わかりづらいところの理解の手助けになれば幸いです!

主に参考にさせていただいた記事

アクションの検索とカスタマイズ

ワークフローで使用するアクションが定義できるところは下記の三つ
・ワークフロー ファイルと同じリポジトリ
・すべてのパブリック リポジトリ
・Docker Hubで公開された Docker コンテナイメージ
Marketplaceにはワークフローで使用できるアクションが公開されている
(例)Checkout
https://github.com/marketplace/actions/checkout

ワークフローエディタで Marketplace アクションを参照する

実際に編集画面に行き「Checkout」を検索すると下記の画像のように検索結果の詳細で表示ができる。
スクリーンショット 2024-06-18 20.33.19.png

ワークフローにアクションを追加する

GitHub Marketplace からのアクションの追加

Upload a Build Artifactを追加してみます。

      - name: Upload a Build Artifact
        uses: actions/upload-artifact@v4.3.3
        with:
              name: github-actions-demo.yml
              path: .github/workflows/*

コミットして動作確認しましょう。
スクリーンショット 2024-06-18 21.09.44.png

同じリポジトリからのアクションの追加

actionフォルダを作成して引っ張ってくる方法です。
下記の内容をaction.ymlに書きます

runs:
  using: 'composite'
  steps:
    - name: Upload a Build Artifact
      uses: actions/upload-artifact@v4.3.3
      with:
        name: github-actions-demo.yml
        path: .github/workflows/*

呼び出し側

  - name: Use local hello-world-action
    uses: ./.github/actions/hello-world-action

6
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
6
0