Help us understand the problem. What is going on with this article?

DockerコンテナをECRで管理する方法

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ECRとは、Amazon EC2 Container RegistryというAWSが管理するコンテナレジストリ。
同様のサービスでDocker Hubなどがある。

前提条件

  • aws-cliの最新バージョンがインストールされていること。
  • regionや認証情報が設定済みであること。

aws-cliがインストールされていない場合

# インストール
$ sudo pip install awscli

# 最新化
$ sudo pip install awscli --upgrade --ignore-installed six

認証情報が未設定の場合

$ aws configure

手順

ECRにリポジトリを作る

$ aws ecr create-repository --repository-name <コンテナ名>

{
    "repository": {
        "registryId": "XXXXXXXXXXXX", 
        "repositoryName": "<コンテナ名>", 
        "repositoryArn": "arn:aws:ecr:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:repository/<コンテナ名>", 
        "repositoryUri": "XXXXXXXXXXXX.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com/<コンテナ名>"
    }
}

上記の「repositoryUri」の値をメモしておく。

dockerイメージにタグをつける

$ docker tag <コンテナ名>:<タグ名> <上記でメモしたrepositoryUri>/<コンテナ名>:<タグ名>

ECRにログインする

$ $(aws ecr get-login --no-include-email --region ap-northeast-1)

ECRにプッシュする

$ docker push <上記でメモしたrepositoryUri>/<コンテナ名>:<タグ名>

参考サイト

mr-hisa-child
自称フルスタックエンジニアです。デザイン(CSS)は苦手ですが、フロントエンドからサーバサイドまで面倒見れます。 Java / SpringBoot / JavaEE / Quarkus / AWS / vuejs / Nuxtjs / AWSソリューションアーキテクトアソシエイト / VSCode / BootStrap / Vuetify / TypeScript
frevoworks
AWSを用いたクラウドアプリケーションの開発・保守を行っています。
https://www.frevo-works.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした