Help us understand the problem. What is going on with this article?

LaravelでログインしてそのままそのURLに進む方法

More than 1 year has passed since last update.

Laravelでログイン後に元の画面に戻る方法は探せばそれなりに出てくるけど、
ログイン後に行こうとしてたURLにそのまま行く方法がなかなか見つからなかったので、自己解決した結果を書いておきます。

考え方としてはログイン画面を開く直前に、行こうとしてるURLを残しておいて、ログイン後そこに戻る、という手法を取ります。

さて、未ログインのままログインが必要な画面に行こうとするときにはAuthenticateミドルウェアを通るため、ここでログイン画面へ行こうとするときにURLを保存します。
このとき、URLはセッションに保存しておきます。

app/Http/Middleware/Authenticate.php
    protected function redirectTo($request)
    {
        if (! $request->expectsJson()) {
            session(['url.intended' => url()->current()]);
            return route('login');
        }
    }

そしてLoginControllerのredirectPath()でセッションを見て、
保存されていたURLにリダイレクトすることで、もともと行こうとしてたURLに行けます。

app/Http/Controllers/Auth/LoginController.php
    public function redirectPath()
    {
        return session('url.intended') ?: $this->redirectTo;
    }

    public function showLoginForm()
    {
        if (empty(session('url.intended'))) {
            session(['url.intended' => url()->previous()]);
        }
        return view('auth.login');
    }

ちなみにこのLoginControllerでは、「ログイン後に元の画面に戻る」もやりたいので、
showLoginForm()で、セッションが空の場合にリファラーを指定してます。

moyashimanjyu
グルーコードテクノロジーズ株式会社とmonocla株式会社でCTOをやっています。 PHPでの開発を中心に、Webサービスなどの開発をしています。
gluecode-tech
私たちは、テクノロジーで暮らしを豊かにコーディネートします。
https://www.gluecode-tech.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした