Edited at

EC2の忘れがちな内容のメモ書き


たまに忘れる


  • Login UserはOSによる。ec2-user一択ではない(centos,ubuntuだとか)

  • EIPを付与しなくてもインスタンス起動時に自動割り当て(サブネット設定)で設定可能


    • サブネット設定で割り当てたPublicIPはインスタンス再起動では変わらないが、停止・起動だと変わる(PravateIPは変わらない)



  • T2ファミリーよりT3ファミリーの方が安い。

  • PublicIPの確認


    • リモートからAWSCLIを使うとき(Nameタグ使用ケース)



aws ec2 describe-instances --filter 'Name=tag:Name,Values=hogehoge*' | grep -i publicip


  • ローカルから確認


curl 169.254.169.254/latest/meta-data/public-ipv4



  • EIPはインスタンスにアタッチして、そのインスタンスが稼働していたらコストはかからない


    • インスタンスが停止していたり、そもそもアタッチしていなければコストがかかる



  • Primary PrivateIPは変更不可。Secondary PrivateIPを使用するか、ENIを付与する。



  • boot volumeのサイズを大きくして起動させても、OS側で拡張する必要がある



  • EC2インスタンス(windows)で接続用の公開鍵が同じものを使ったとしてもRDPで必要となるパスワードは異なる