Anacondaで機械学習の環境を作る(初心者版)


目的

Anacondaを使って

機械学習(ディープラーニング)用の環境を作る


ハードウェア


  • MacBook Air (13-inch, Early 2015)

  • 1.6 GHz Intel Core i5

  • メモリ 8 GB


ソフトウェア


  • Mac OS Sierra

  • Anaconda-Navigator 1.6.11

  • Python 3.6

  • Keras 2.1.2

  • TensorFlow 1.4.1

(最新版は1.4.2だけどSierraでは1.4.1でないとエラーが出る)


やりかた


Anacondaから仮想環境を作る


  1. Anaconda-Navigatorの左カラムEnviromentsを選ぶ


  2. createから新しいEnviromentを作る(仮想環境になる)


TensorFlowのインストール


  • 先にTensorFlowを入れておくと良い


  • Anaconda-Navigatorからインストールしてもうまく動かないようなので

    pipでインストールする



  1. 新しいEnviromentに移動

  2. 右の三角をクリック、Open Terminalでターミナルを開く


  3. こちらからTensorFlow 1.4.1のバイナリ(~.whl)をダウンロードして、適当なフォルダに入れておく

  4. 以下のコマンドをターミナルへ入力

pip install --ignore-installed --upgrade /path/to/binary.whl

*注意 pip install tensorflowだと最新版の1.4.2がインストールされてしまう


Kerasのインストール


  • Anaconda-Navigatorからインストールしてもうまく動かないようなので
    pipでインストールする


  1. 4で開いたターミナル(仮想環境のターミナル)のまま

  2. 以下のコマンドをターミナルへ入力

pip install keras


確認


  • successful...とメッセージが出たらインストールはうまくいっているはず

  • でも import kerasでエラーが出ないかを確認する


追記(2019-04-11)

手元のマシンもMojaveになったので、デフォルトでインストールしたらどうなるか、近いうちに試してみようかと思う