Help us understand the problem. What is going on with this article?

JavaScriptを使わずにCSSだけで他要素のスタイルを変える方法

More than 1 year has passed since last update.

概要

JavaScriptを使ったDOM操作のようなものをCSSのみで実現させる。
目指すは超軽量レスポンシブメニュー。

実装

簡単なコード

CSS
#switch{
    display: none;
}
#change{
    width: 100px;
    height: 50px;
    background-color: lightgray;
}
#field{
    width: 100px;
    height: 100px;
    background-color: red;
}
#switch:checked ~ #field{
    background-color: blue;
}
HTML
<body>
    <div id="wrap">
        <input type="checkbox" id="switch">
        <label for="switch">
           <div id="change">button</div>
        </label>  
        <div id="field"></div>
    </div>
</body>

動作

buttonと書かれている灰色のエリアをクリックすると、下の四角の色が赤色もしくは青色に変わる。
sample02.PNGsample01.PNG

仕組み

labelを使用したチェックボックスの切り替え

キーとなるのは<input type="checkbox"><label>である。
<label>for=(inputのid)を指定すると、<label>内の要素をクリックすることで<input type="checkbox">のon/offを切り替えることが出来る。

疑似クラス「:checked」

:checkedは擬似クラスというものの一種だそうです。分類に関しては詳しくありませんので間違いがあるかもしれません。
使用方法を簡単に言えば、チェックボックスがONの場合のstyleを設定することが出来ます。
今回はこれを利用して通常の<div id="field">は赤色チェックが入った状態の<input type="checkbox">の弟である<div id="field">は青色、という二パターンを記述しています。

応用してレスポンシブメニューを作ってみる

DEMO
GitHubでも公開しています。

結論

素直にJavaScriptを使えば良いと思う。
頭の体操というか遊び目的でやってみると意外と楽しいかもしれません。

参考サイト

CSS3だけでクリックでアニメーションさせる | webOpixel

motsu
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした