Edited at

【Windows7】VirtualBox + Vagrant + Ruby + Rails4 開発環境の構築【RubyMine編】

More than 3 years have passed since last update.


目的

【Windows7】VirtualBox + Vagrant + Ruby + Rails4 開発環境の構築【初心者必見】

【Windows7】VirtualBox + Vagrant + Ruby + Rails4 開発環境の構築【mysql編】

ここまで仮想マシンでの開発環境を構築してきました。

本編ではRubyおよびRailsのIDEとして有名なRubyMineを使用してリモートデバックを行うこと記述していきたいと思います。


1234番ポートの転送設定

RubyMineのリモートデバッカーは1234番ポートを使用します。

ですので、これまで通りVagrantfileを編集します。

※仮想マシンが起動中の場合はvagrant haltで停止しておいてください。

今までの設定が全て記載されていれば

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port

# within the machine from a port on the host machine. In the example below,
# accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
# config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 80
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000

となっているハズですが、これを、

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port

# within the machine from a port on the host machine. In the example below,
# accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
# config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 80
config.vm.network :forwarded_port, guest: 3000, host: 3000
config.vm.network :forwarded_port, guest: 1234, host: 1234

のように1234番ポートの設定を追加します。

編集が終わったらvagrant upで仮想マシンを起動します。


ruby-debug-ideのインストール

リモートデバッグが出来るように、ruby-debug-ide を入れます。

C:\src\work\CentOS6.5\sample\Gemfileに下記を追加します。

gem 'ruby-debug-ide'

gem 'debase'

ここ作業は仮想マシンとSSH接続したターミナルでの作業となります。

> cd /vagrant/sample

> bundle install


sampleアプリの起動

ここ作業は仮想マシンとSSH接続したターミナルでの作業となります。

> cd /vagrant/sample

> rdebug-ide --port 1234 --dispatcher-port 26162 --h 0.0.0.0 -- bin/rails s

を実行します。実行すると

Fast Debugger (ruby-debug-ide 0.4.22, debase 0.1.0) listens on 0.0.0.0:1234

と表示されてRubyMineの接続待ちとなります。


RubyMineの設定

RubyMineで前回作成したC:\src\work\CentOS6.5\sampleを読み込みます。

※RubyMineの基本的な操作説明は省略します。

読み込んだら

「Run」->「Edit Configurations...」を選択します。

左上赤枠の「+」ボタンを押下します。

「Ruby remote debug」を選択します。

Name:vagrant_sample ← ここは任意です

Remote root folder: /vagrant/sample

Local root folder: C:\src\work\CentOS6.5\sample

を設定してOKを押下します。

app\controllers\twitters_controller.rbの17行目あたりにブレークポイントを張ってみました。

「Run」->「Debug 'vagrant_sample'」を選択します。

先ほどの「sampleアプリの起動」で

Fast Debugger (ruby-debug-ide 0.4.22, debase 0.1.0) listens on 0.0.0.0:1234

と表示されていたターミナルですが、

=> Booting WEBrick

=> Rails 4.1.7 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Run `rails server -h` for more startup options
=> Notice: server is listening on all interfaces (0.0.0.0). Consider using 127.0.0.1 (--binding option)
=> Ctrl-C to shutdown server
[2014-11-07 15:50:37] INFO WEBrick 1.3.1
[2014-11-07 15:50:37] INFO ruby 2.1.4 (2014-10-27) [x86_64-linux]
[2014-11-07 15:50:37] INFO WEBrick::HTTPServer#start: pid=3197 port=3000

と表示されrails serverが起動されます。

ブラウザで

http://localhost:3000/twitters

にアクセスします。

New Twitter」のリンクをクリックすると

のように先ほど設定したブレークポイントで止まったことが確認できます。


関連エントリ

【Windows7】VirtualBox + Vagrant + Ruby + Rails4 開発環境の構築【初心者必見】

【Windows7】VirtualBox + Vagrant + Ruby + Rails4 開発環境の構築【mysql編】

【Yosemite】Mac OSX 10.10 Yosemite に Ruby + Rails4 開発環境の構築【初心者必見】

【Yosemite】Mac OSX 10.10 Yosemite にAMP環境の構築【初心者必見】【続編】


筆者紹介

札幌圏でリモート開発、在宅勤務を中心としたシステム開発の会社を立ち上げました!

ローラハウス