Elasticsearch
docker
DockerCompose
kibana5
DockerDay 18

Elasticsearchのローカル環境をDocker Composeで用意する

More than 1 year has passed since last update.

Dockerアドベントカレンダーの18日目の記事です。

参考:http://qiita.com/tukiyo3/items/2fe940455c06323063a1

「Elasticsearchの開発環境をローカルに用意したいな」というのと、「kibana5のDev Tools使いたいな」というと、「Dockerアドベントカレンダー書かねば・・・」というのでやってみました。

環境

Docker for macです。

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.12
BuildVersion:   16A323

$ docker -v
Docker version 1.12.5, build 7392c3b

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.9.0, build 2585387

Docker Compose

要件としては

  • Elasticsearchに投入したデータをkibanaでみたい
  • kibanaのDev ToolsでElasticsearchにデータ投入したい
  • インデックスデータを消失させたくない

あたりなので最低限の記述にしています。

docker-compose.yml
  elasticsearch:
    image: elasticsearch:5
    ports:
      - "9200:9200"
      - "9300:9300"
    volumes:
      - ./es_data/:/usr/share/elasticsearch/data/
  kibana:
    image: kibana:5
    ports:
      - "5601:5601"
    links:
      - elasticsearch
    environment:
      - ELASTICSEARCH_URL=http://elasticsearch:9200

起動する

docker-compose upで起動すればOKです。

$ docker-compose up
Recreating elasticv5_elasticsearch_1
Recreating elasticv5_kibana_1

Elasticsearchの接続確認

$ curl localhost:9200 
{
  "name" : "JU1uhbk",
  "cluster_name" : "elasticsearch",
  "cluster_uuid" : "r6__oQDpTc2fUKkNKPohEA",
  "version" : {
    "number" : "5.1.1",
    "build_hash" : "5395e21",
    "build_date" : "2016-12-06T12:36:15.409Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "6.3.0"
  },
  "tagline" : "You Know, for Search"
}

kibanaにアクセスする

http://localhost:5601/app/kibana#/dev_tools/console?_g=()
にアクセスすると、Elasticsearchのコンソール画面が表示されます。

以下のようなクエリを書いてデータ投入します。

PUT dev_tools/test/1
{
  "Name": "John Doe",
  "date": "2016-12-25",
  "message": "This is first content"
}

スクリーンショット 2016-12-26 0.18.19.png
右側にPUTの結果が表示されます。

GET _searchのようなクエリを書くとそのままデータの検索もできます。

スクリーンショット 2016-12-26 0.20.05.png

インデックスデータの場所について

docker-compose.yml./es_data/へインデックス情報を保存するように指定していますので、以下のようになります。

$ tree -L 5
.
├── docker-compose.yml
└── es_data
    └── nodes
        └── 0
            ├── _state
            │   ├── global-6.st
            │   └── node-6.st
            ├── indices
            │   ├── 8KtEjxzpS3qFdYpqinKpJg
            │   ├── 8YEVLUglQNS7t7C1w5yy-w
            │   └── n424EH2uReu9S4GOqUsGzg
            └── node.lock

テストデータを使いまわしたい時って結構あると思うので、弊害を感じるまではマウントさせておくつもりです。
もし不要になった場合はes_dateディレクトリごと消せばよさそうかなと思います。(間違ってたらすみません)

[ハマったメモ]docker-composer.ymlをタブインデントする

タブインデントでymlを書くと、起動時に事故ります。

$ docker-compose up
ERROR: yaml.scanner.ScannerError: while scanning for the next token
found character '\t' that cannot start any token
  in "./docker-compose.yml", line 2, column 1

おまけ:公式Docker Imageリスト

Name URL Version
Logstash https://hub.docker.com/_/logstash/ 5.1.1, 5.1, 5, latest (5/Dockerfile)
5.1.1-alpine, 5.1-alpine, 5-alpine, alpine (5/alpine/Dockerfile)
2.4.1, 2.4, 2 (2.4/Dockerfile)
2.4.1-alpine, 2.4-alpine, 2-alpine (2.4/alpine/Dockerfile)
1.5.6, 1.5, 1 (1.5/Dockerfile)
1.5.6-alpine, 1.5-alpine, 1-alpine (1.5/alpine/Dockerfile)
Elasticsearch https://hub.docker.com/_/elasticsearch/ 5.1.1, 5.1, 5, latest (5/Dockerfile)
5.1.1-alpine, 5.1-alpine, 5-alpine, alpine (5/alpine/Dockerfile)
2.4.3, 2.4, 2 (2.4/Dockerfile)
2.4.3-alpine, 2.4-alpine, 2-alpine (2.4/alpine/Dockerfile)
1.7.6, 1.7, 1 (1.7/Dockerfile)
1.7.6-alpine, 1.7-alpine, 1-alpine (1.7/alpine/Dockerfile)
kibana https://hub.docker.com/_/kibana/ 5.1.1, 5.1, 5, latest (5/Dockerfile)
4.6.3, 4.6, 4 (4.6/Dockerfile)
4.1.11, 4.1 (4.1/Dockerfile)