AWS
EC2
AmazonLinux

AWS環境への最新版Libreofficeインストール

AWS環境へのLibreofficeインストール

1. LibreofficeをダウンロードURLを取得(GUI環境)

GUI環境にてLibreoffice公式へアクセス。

上部のメニューバー->Download->Libreoffice最新版->Linux x64 (rpm)をダウンロードし、一度ダウンロードページに飛ぶ。

このページにアクセスすることで、ファイルサーバーへリダイレクトし、ダウンロードしてくる仕組みなため、「すぐにダウンロードが始まります。始まらない方はこちら」的な文言があるため、ここのリンクをコピー。

2.AWSでダウンロード・インストール

インストールする環境へSSHしダウンロードする。

$wget http://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/5.4.4/rpm/x86_64/LibreOffice_5.4.4_Linux_x86-64_rpm.tar.gz

しばらくするとダウンロードが完了するので解凍

tar xvzf LibreOffice_5.4.4_Linux_x86-64_rpm.tar.gz

今回はすでにLibreofficeをインストール済みの場合でも対応できるよう、アップグレードにも対応したコマンドを実行する。(もちろん新規インストールでもOK)

sudo rpm -Uivh LibreOffice_5.4.4.2_Linux_x86-64_rpm/RPMS/*.rpm

これでインストール完了。

libreoffice5.4 コマンドで実行できる。

さらに今回はlibreofficeコマンドとして実行したいのでシンボリックリンクを作成する。

cd /usr/bin
#必要であればsudoする
sudo ln libreoffice5.4 libreoffice

あとはlibreofficeコマンドを入力して動けば成功。