Help us understand the problem. What is going on with this article?

perlにおける配列要素数の取得

More than 5 years have passed since last update.

perlにおける配列要素数の取得

めっさめさ今更感が漂うけれど備忘録に投稿させていただきます.

最後の要素番号を利用

@array=('anpan','syokupan','karepan');

という配列に対し,
$#arrayを参照することでこの配列の最後の要素番号(karepanの要素番号)を参照することが出来る.
つまり,この場合,要素数「2」が取得できる.(要素数は0からカウントされるから)
ということは,

$#array+1

で知りたい情報となる.

配列自体をスカラー変数に代入

@array=('anpan','syokupan','karepan');



$length=@array;

と,スカラー変数に代入することで,簡単に配列の要素数を取得することができる.
逆に言うと,スカラー変数に代入してしまうと配列として扱うことはできない.

配列リファレンスの要素数が知りたい

@array=('anpan','syokupan','karepan');
$refArray = \@array;

ここまでのお話は配列が対象だったが,配列リファレンスの場合はどのように参照するのか?

もちろん,上記二つのやり方は使えない.

ここではscalar関数を使ってやればいい.

scalar(@$refArray);
`

引数としてデリファレンスしたものを渡してあげれば,要素数を返してくれる.

というか,リストコンテキストをスカラーコンテキストに変換するという話なので,配列そのものを引数に指定することもできる.
配列リファレンスだとスカラー変数に代入しないと使いようがないため,scalar変数を使うしか方法がないという話でもある.

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away