RaspberryPi
lcd
banggood.com

Raspberry Pi 2 B+ でbanggood.comの激安3.5インチLCDを使う。

More than 1 year has passed since last update.

自分用にメモ。


動機


方針


  • ドライバパッチを当てたOSイメージを使うのが楽そうなのでそれでやる

  • 実施環境はWindows10だけど、Windows環境ならたぶん大丈夫


    • Macならディスクライターの代わりにddとか使えばいいんじゃないかな(適当)




手順


OSイメージをダウンロードする

ココから液晶サイズに対応したOSイメージをダウンロードする。

ダウンロードに時間がかかるので気長に(一晩放置した)。

ダウンロードしたら解凍しておく。


イメージライターをダウンロードする

ココからWin32DiskImager.zipをダウンロード。

ダウンロードしたら解凍する。


イメージライターでmicroSDに書き込む。

フォーマット済みのmicroSDを用意して(フォーマットしてなくても上書きされるはずだけど)、イメージを書き込む。

Win32DiskImager.exeを起動して、解凍したOSイメージ(試したときはRPi-35inch-LCD-Raspbian-160728.imgだったけど、160728の部分はバージョンなので適宜読み替え)を選択する。

書き込み先ドライブがmicroSDのドライブになっていることを確認してWriteボタンをクリックする。

数分待てば出来上がり。


書き込んだmicroSDから起動。

Raspberry Piに液晶を取り付け、microSDを挿して起動する。最初は真っ白になるが1, 2分後くらいにブートログが表示され始めて起動する。

おめでとうございます。


課題

3.5インチ 480x320だと、普通に使うには画面が小さすぎてちょっと使いにくいので、何か考えないと。


参考