Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 2 B+ でbanggood.comの激安3.5インチLCDを使う。

More than 3 years have passed since last update.

自分用にメモ。

動機

方針

  • ドライバパッチを当てたOSイメージを使うのが楽そうなのでそれでやる
  • 実施環境はWindows10だけど、Windows環境ならたぶん大丈夫
    • Macならディスクライターの代わりにddとか使えばいいんじゃないかな(適当)

手順

OSイメージをダウンロードする

ココから液晶サイズに対応したOSイメージをダウンロードする。

ダウンロードに時間がかかるので気長に(一晩放置した)。

ダウンロードしたら解凍しておく。

イメージライターをダウンロードする

ココからWin32DiskImager.zipをダウンロード。

ダウンロードしたら解凍する。

イメージライターでmicroSDに書き込む。

フォーマット済みのmicroSDを用意して(フォーマットしてなくても上書きされるはずだけど)、イメージを書き込む。

Win32DiskImager.exeを起動して、解凍したOSイメージ(試したときはRPi-35inch-LCD-Raspbian-160728.imgだったけど、160728の部分はバージョンなので適宜読み替え)を選択する。

書き込み先ドライブがmicroSDのドライブになっていることを確認してWriteボタンをクリックする。

数分待てば出来上がり。

書き込んだmicroSDから起動。

Raspberry Piに液晶を取り付け、microSDを挿して起動する。最初は真っ白になるが1, 2分後くらいにブートログが表示され始めて起動する。

おめでとうございます。

課題

3.5インチ 480x320だと、普通に使うには画面が小さすぎてちょっと使いにくいので、何か考えないと。

参考

moomooya
勉強会レポを公開するのが早いフレンズ。 修行中JSオジサン。 React.jsやってたけど絶賛Vue.jsに浮気中。 最近はマイクロサービスアーキテクチャ考えるオジサンになってる。
http://www.slideshare.net/isamusuzuki54
rakus
「IT技術で中小企業を強くします!」というミッションを掲げ、中小企業の業務効率化に貢献する複数のクラウドサービスを提供しているIT企業です。「楽楽精算」「メールディーラー」など、国内トップシェアを誇る複数のサービスを開発し、累計導入社数は5万社を超えています。次の時代の"楽"を創るための、まだ見ぬサービスや機能を生み出す取り組みは、今日も続いています。
https://www.rakus.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした