Help us understand the problem. What is going on with this article?

JavaFX / 設定ダイアログのリキッドレイアウト

More than 1 year has passed since last update.

環境

  • JDK 1.8.0_121
  • JavaFX Scene Builder 8.3.0

概要

設定項目が多い画面のリキッドレイアウトを組んでみます。難しいものではありませんがちょっとした設定画面を作るのにレイアウトパターンを知っておくと便利です。

GridPaneを使ってもよいのですが設定項目が多くなると水平方向の融通が利かなくなっていきます。今回はGridPaneを使わない方法です。

1.gif

外枠

4.png

Cancel,OKボタンが常に表示されるようにBorderPaneをルートにします。

  1. ScrollPaneの Layout>Fit To Width にチェックを入れます。子要素のVBoxの幅がScrollPaneの幅一杯まで広がるようになります。
  2. このVBoxの中に各設定項目を並べます。
  3. HBoxの Properties>Alignment をBASELINE_RIGHTにすることでOK,Cancelボタンが右寄せになります。

設定項目

_4.png

  1. 設定項目ごとにHBoxを使用します。HBoxの Layout>Alignment にBASELINE_LEFTを指定することでラベルと入力欄の縦方向の文字位置を揃える事ができます。
  2. 入力欄を右寄せにしたい項目はラベルと入力欄の間にRegionを挟みます。Regionの Layout>Hgrow をALWAYSにすることでRegionの幅を目一杯広げて入力欄のみ右寄せにすることができます。
  3. TextFieldTextAreaなど入力欄自体を広げたい場合はそのコンポーネントのLayout>Hgrow をALWAYSにします。

ListViewなどコンポーネントによってはベースラインの位置が異なるものがあるので、HBoxのAlignmentを上揃いにしたほうがよい場合があります。

HBox,VBoxのSpacingは非常に便利です。Paddingと合わせて設定することでコンポーネント間の距離を均等に保てます。

省略表記を防ぐ

ラベルやボタンの省略表記(...)を防ぎたい場合は次の方法があります。

  • Min Width にUSE_PREF_SIZEを設定する方法
  • Text Overrun にCLIPを設定する方法

2.gif

USE_PREF_SIZEはMax Widthにも設定することができいろいろ応用が利きます。

FXML

dialogExample.fxml

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away