Help us understand the problem. What is going on with this article?

docker-compose "up" " run" "start" コマンド 違い

More than 1 year has passed since last update.

docker-compose up

👉 docker-compose.ymlで定義したサービスを開始または再起動する

  • 
デフォルトは「アタッチド」モードであり、全てのコンテナのログが画面上に表示される。
  • 
「デタッチド」モード( -d )では、Compose はコンテナを実行すると終了するが、コンテナは後ろで動き続ける
。

docker-compose run

👉 「ワンオフ」(one-off;1つだけ、偶発的) または「アドホック」(adhoc;臨時)なタスクを実行
する

  • 実行するにはサービス名の指定が必要であり、特定のサービス用のコンテナを起動し、かつ依存関係のあるコンテナも起動する
。
  • テストの実行であったり、データ・ボリューム・コンテナに対するデータの追加・削除といった管理タスク。
  • 
run コマンドは実際には docker run -ti。
コンテナに対してインタラクティブなターミナルを開き、コンテナのプロセスが終了すると、その時点の該当する終了コードを返す。


docker-compose start

👉 既に作成済みのコンテナを再起動
する

  • 止まっているコンテナを起動するだけであり、新しいコンテナは作成しない。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away