AWS
aws-cli

AWS CLI をインストールする


目的

aws コマンドをローカルで叩けるようにする。


環境


  • macOS High Sierra 10.13.6

  • pyenv 1.2.7

  • Python 3.6.3

  • pip 18.0


AWS CLI のインストール

macOS で AWS Command Line Interface をインストールする - AWS Command Line Interface を参考にする。

という2つの方法があるようだが、pip で入れたほうがアップグレードが簡単そうなので pip で入れる。

$ pip --version

pip 18.0 from /Users/yuichiro/.pyenv/versions/3.6.3/lib/python3.6/site-packages/pip (python 3.6)
$ pip3 install awscli --upgrade --user
$ aws --version
-bash: aws: command not found

command not found と言われた。

AWS CLI 実行ファイルをコマンドラインパスに追加する によると


pip のインストール後は、OS の aws 環境変数への PATH 実行ファイルの追加が必要になる場合があります。


ということなので、やっていく。


~/.bash_profile

# pip で --user をつけると .local 以下にインストールされる

export PATH=~/.local/bin:$PATH

$ source ~/.bash_profile

$ aws --version
aws-cli/1.16.14 Python/3.6.3 Darwin/17.7.0 botocore/1.12.4

OK!!

pip install--user をつけると ~/.local/ 以下にインストールされるので、 ~/.local/bin に PATH を通す必要があるということだろう。

$ tree -L 2 ~/.local

/Users/yuichiro/.local
├── bin
│   ├── aws
│   ├── aws.cmd
│   ├── aws_bash_completer
│   ├── aws_completer
│   ├── aws_zsh_completer.sh
│   ├── pyrsa-decrypt
│   ├── pyrsa-decrypt-bigfile
│   ├── pyrsa-encrypt
│   ├── pyrsa-encrypt-bigfile
│   ├── pyrsa-keygen
│   ├── pyrsa-priv2pub
│   ├── pyrsa-sign
│   └── pyrsa-verify
├── lib
│   └── python3.6
└── share
├── heroku
└── recently-used.xbel


AWS CLI の設定

AWS CLI の設定 - AWS Command Line Interface を参考にする。