Help us understand the problem. What is going on with this article?

Webページ全体のScreenShot画像を1行で取得するDockerコンテナ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

縦長のWebPageのスクリーンショット画像を取るのは実は地味に面倒です。phantomjsがそれをサポートしていたのですが、最近どうもメンテナンス終了になっているので、急ぎではないですが別の手段を模索する必要があります。

と言っている間に、必要が生まれてChrome Headlessで地道にScreenshot画像を取得することができるようになったので、その部分だけを切り出したDockerコンテナを公開したので共有します。

必要な環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • macOS High Sierra 0.13.3
  • Docker Community Edition Version 18.03.0-ce-mac59

確認はしていませんが、Windowsでも動くと思います。

使い方

Windowsの場合は、 `pwd` の部分を画像を出力したいフォルダーに置き換えてください。

PCっぽい画面のScreenshotをとる場合

docker run -v `pwd`:/tmp/screenshot mokemokechicken/capture_web "https://www.yahoo.co.jp/" yahoo_pc.png

click すると拡大します。

iPhoneっぽい画面のScreenshotをとる場合

docker run -v `pwd`:/tmp/screenshot mokemokechicken/capture_web "https://www.yahoo.co.jp/" yahoo_sp.png -w 414x735 --ua 'Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 11_0 like Mac OS X) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML, like Gecko) Version/11.0 Mobile/15A372 Safari/604.1'

click すると拡大します。

ソース

https://github.com/mokemokechicken/docker_capture_web

Chrome Extensionの Full Page Screen Capture の JS部分を参考に作っています。

仕組み

WebPageの下から順番に、キャプチャ画像を取得して、大きなCanvasにペタペタ貼っていきます。
なので、固定ヘッダーは大丈夫なのですが、固定フッターとか、動きがあるWebPageはやはり上手くは取得できないです。

まあ、そういう需要が出たら、今回のをちょいちょいいじればなんとかならないこともないでしょう。

さいごに

何かのお役に立てば。

mokemokechicken
お気楽極楽会社員です。気ままに投稿しています。
sprocket
"Sprocket(スプロケット)は、Webサイトにおけるコンバージョン(購入・入会・資料請求・問合せ等)を増やしたい企業様向けに、自社開発のWeb接客ツールの導入及びコンバージョン改善コンサルティングを行っている会社です。 "
https://www.sprocket.bz/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした