Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
226
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@mochizukikotaro

AWSで独自ドメインを設定したい。

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

「これは、素人がAWSを使ってWebサービスを生み出す過程の、自分用メモでございます。」

今の僕の状態は、以下の通り。

  • AWSアカウント開設
  • EC2インスタンスをローンチ
  • SSH接続をできるようにして
  • セキュリティグループに「Tyep:HTTP/PortRange:80」を追加
  • SSH接続後に、LAMPインストール完了で、Public IPをブラウザで叩いてアクセスできるようになった。

今回やりたいのは、

独自ドメイン(お名前.comで取得済み)と、IPアドレスに紐づける!

です。

まずは「Elastic IP」を設定する。

最初は、Public IP(PIP)が設定されていて、Elastic IP(EIP)は設定されていません。

PIPは時間が経つと変わっちゃうみたいで、EIPを設定しておかないと独自ドメイン設定できないっぽい(詳細しりませんが。。)ので、これを設定します。イージーです。

EIP設定方法

  • EC2ダッシュボードのサイドメニュー「Elastic IPs」クリック
  • 「Allocate New Address」をクリック。そうするとEIPが取得できます。
  • 「Associate Address」をクリックして、作ったインスタンスを選択すれば完了!

超イージーです。

つづいて「Route 53」の設定

これはDNSらしいので、これで、取得しているドメインとEIPを紐づければイケそうです。

設定方法はコチラ下。
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/MigratingDNS.html
http://blog.higemegane.com/2014/01/wp_with_aws2/
http://recipe.kc-cloud.jp/archives/447

これもとても簡単です。ボタンポチポチして、取得してあるドメイン名とEIPを指定の場所に入力したら終わりです。

(いざ反映される時間がクソ長いなぁとか思って調べてみると「TTL」とかの設定が潜んでいて、やっぱり難しいと感じている。。)

さて、いざ、独自ドメインにアクセス!

「。。。まだ反映されていない。。」

ちょっと時間かかるようです。しばらく待ってみたいと思います。

しばしお待ちください。

Route 53 のネガティブキャッシュについて!

いやはや、危ないところでした。上記設定で、あとは少しすれば、独自ドメインでアクセス可能かと思いきや。。。ですよ。

僕がやりたかったこと

  • もともとサクラのレンサバで「rumcode.net」(独自ドメイン)を使用していて
  • 今回Route53へ移行

問題

  • なかなか独自ドメイン「rumcode.net」にアクセスして反映されないこと

原因&解決策

スクリーンショット 2014-11-30 17.21.09.png

Route53ダッシュボードで、「Go to Record sets」をクリックすると、上のようにレコードセットの情報が見れます。

このTTLが、キャッシュする時間らしいのです。でもともとの設定だと48時間とかになっていたりします。(そうすると全然、DNSの設定が反映されません。。)

なので、やることは、Type[A]と[SOA](これらの意味は知りませんけど(涙))のレコードでTTLを300(秒)とかにしてやります。そうすると5分待てば、反映されます!

iTermからの調べ方メモ

まずは、そもそも独自ドメインrumcode.netにEIPが紐づけられているのか知りたかったので、

ドメインからIPを調べる
nslookup rumcode.net

# Server:       192.168.1.1
# Address:  192.168.1.1#53

# Non-authoritative answer:
# Name: rumcode.net
# Address: 54.64.192.149

五分後には、上のようにEIPに紐づけられましたが、その前はAddressが昔のsakuraのものでした。orz。

それから、ネームサーバーの情報を調べるコマンド。
(AWSのダッシュボードからも見れますけど。。黒い画面から見ると無駄にテンションあがるので!)

dig -t soa rumcode.net

そうすると長い情報が帰ってくるのですが、中腹に下記のような記載があります。これで、TTLが300になっていることが確認できます。

# rumcode.net.        300 IN  SOA ns-300.awsdns-37.com. awsdns-hostmaster.amazon.com. 1 7200 900 1209600 86400

「SOAってなんですか??」

上記のサイトにとても分かりやすく説明が載っていそうだ。。。!神だ!!

しかし、む、難しい。。DNSのリソースレコードタイプについては、別途勉強を致します。

本日はここまで。有り難うございました。

226
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
226
Help us understand the problem. What is going on with this article?