Help us understand the problem. What is going on with this article?

2018年Clova躍進その軌跡

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

こんにちは。
この投稿は LINEBot&Clova Advent Calendar 2018の22日目の投稿です。

最近気になるデータを拝見することがあり、そこから本記事を書くに至っています。
その気になるデータとは下記。。

気になるデータ

https://robotstart.info/2018/12/12/deloitte-tohmatsu-consulting-global-mobile-consumer-survey-2018.html

ご覧いただけましたでしょうか。こちらの結果ではClovaが国内市場で1位の座に輝いています。
正直、最初見た時は意外な結果と思ってしまいました。
ですが、今年の経緯を考えると納得のいく結果と言えるのではないかと考え直した次第です。
ということで今年を少し振り返ってみましょう。

2018年前半の状況

GoogleHomeやAmazonEchoが日本でも手に入るようになり、TVでもこの2社のスマートスピーカーのCMがガンガン流れていた時期です。
正直、この時点ではClovaの存在感は上記のデバイスと比べると薄かったのではないかと思います。
また、自分自身もこの時期はClova系のデバイスを1つも所持していませんでした。
この状況が2018年後半になると一変していきます。

2018年後半の状況

おおよそですが、2018年の後半あたりから一気にClovaが盛り返した印象です。
要因はたくさんあると思いますが、下記あたりがインパクトが大きかったのではないかと思っています。(個人の意見です)

様々なキャンペーンが打たれていたのも記憶に新しいです。

また、特に「LINE BOOT AWARD 2018」に向けたイベントの数が
image.png
100超え!? 桁違いのイベント数です。
そういえば、ほぼ毎日、全国各地でイベントが開催されていました。中々できることではありません。
今思い返えすと熱量が圧倒的でしたね。こういった日々の積み重ねが強豪2社にシェア率で勝さった要因ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 振り返ってみるとClova躍進、納得のいく結果になっているのではないでしょうか。
また、その裏には数多くの関係者の尽力があったことが伺いしれますね。
こういった方々の熱量が最終的なClovaのシェア率の高さにつながったのだと思います。
来年もClova周辺は様々なドラマが待ち受けていそうです。そんな未来が今から楽しみですね。
(ちなみにClovaTシャツも良かったですが、Clova法被とかちょっと欲しいかもしれません (/ω・\)チラッ)

iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away