さだまさし

終会宣言:さだまさしと IT とクリスマス

More than 3 years have passed since last update.

業界を騒然(?)とさせてしまったこのアドベントカレンダーも、今日で最終日です。

正直、ひとりアドベントカレンダーのつもりでいた最初はここまで話題になることも、これだけ多くの人が参加していただけることも、想像はしていませんでした。

結果として、13人の方に参加いただき、無事 25 日間完走 を果たすことができ、数々のインパクトのある記事が生み出されました。ご参加していただいた方々、記事を見ていただいた方々、本当にありがとうございました。

この記事では、簡単にこのアドベントカレンダーを振り返り、終会宣言とさせていただきます。技術の話はほとんど出てきません。あとネタ少なめです。


このアドベントカレンダーにより達成されたこと

独断と偏見でピックアップします。


さだまさしの歌詞を高速リーディング出来た

http://qiita.com/tkosuga@github/items/e8c6eb369897d90b46bf

http://tkosuga.github.io/spritz-jp-sample/spritz2.html

さだまさしの歌詞を五感で感じ取れました。

曲名の選択欄に「亭主関白」と書いてあったことは見なかった事にします。


git sada コマンドが誕生した

http://qiita.com/shibukk/items/cafbbae6914c19430732

実用性 0% です。


さだを探せた

http://qiita.com/kohske/items/68ec4d9e4535c0bf4ef8

僕は探しだせませんでした。


maven central repositoryに sadamasashi が登録された

http://search.maven.org/#search%7Cga%7C1%7Csadamasashi

意味不明です。


さだまさしミートアップ が開催された

さだまさしコンパイラ」を開発された seratch さんは一躍「さだまさしの人」になってしまいました。こんどお会いしたら「さださん」もしくは「sadatchさん」と声をかけましょう。

一応、seratchさんは scala 界での有名人らしいですよ。

その彼が作られた skinny のミートアップイベントは自然ななりゆきで「さだまさしミートアップ」と呼ばれていたようです。


某社の主力事業が「さだまさし」になった

「SmartNews」 の 「S」 は 「さだまさし」 の 「S」 です。多分。


各種ランキング


アドベントカレンダーランキング

http://qiita.com/advent-calendar/2015/ranking/subscriptions

数多ある素晴らしいアドベントカレンダーに囲まれて、12/25 00:00 現在で


  • 購読数ランキング:24 位

  • ストック数ランキング:24 位

に位置しています。

大健闘...!!

というか何か世の中がおかしい(意見には個人差があります)


ストック数 Best 3


  1. さだまさし弱者すぎて困ったので Scala でコンパイルすることにした話

  2. git sadaコマンドを打つとどうなるか

  3. さだまさし川柳の自動生成

さだまさしコンパイラ強いですね。


個人的にいちばん参考になった記事


さだメトリクス

http://d.hatena.ne.jp/dichika/20151214

この記事は本当によく出来ていて、ファンとしても目からウロコの内容でした。

「風に立つライオン」がアンコールでよく歌われることや、古都を舞台にした曲でファンにも支持されている「まほろば」と「修二会」が有向グラフで結びついている(続けて歌われることが多い)ことなど、暗黙的な「ファンあるある」が R によって見事に可視化されており、データ解析かくあるべしという趣きの記事でした。


さだまさしとクリスマス

そして、アドベントカレンダー最終日といえばクリスマスです。

「さだまさし」「クリスマス」とくると、「遙かなるクリスマス」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

さだまさし 「遙かなるクリスマス」

この歌が発表されたのは10年ほど前ですが、この歌で語られている歌詞が現実なのでは、現実になりつつあるのではないか、ということが、聴き手の心をざわつかせる理由であり、聴かずに居られなくなる理由かもしれません。


独裁者が倒されたというのに 民衆が傷つけ合う平和とは一体何だろう

いつの間にか大人達と子供達とは 平和な戦場で殺しあうようになってしまった


しかし、この記事では以下の曲を紹介して、幕を閉じたいと思います。


大晦日(おおつごもり)

大晦日と書いて「おおつごもり」と読ませます。

クリスマスが終わると、もう大晦日、そして新年ですね。

そんな日本人らしい感覚、情景、そんなものをさだまさし節で歌ったのが、この歌です。

年の初めはさだまさし 「大晦日」


クリスマスが過ぎたなら 今年を振り返る季節

だってもうすぐ誰にでも 新しい年が来る


さだまさしアドベントカレンダーでさだまさしを振り返り、今年を振り返り、そしてもうすぐ新しい年を迎えます。

この記事を見られている皆さんにとって、新年が良い年でありますように。

そして、新年最初は、もちろん「年の初めはさだまさし」を観て、同じ時間を過ごせたら幸せです。

http://www.nhk.or.jp/masashi/