著作権
書評
記事作成

書評や記事投稿するときに気になる引用について


目的

記事を書くにあたり、他のページや本などから一部引用し、自分なりにまとめて置きたいが、その内容を投稿する場合には、著作権が気になったので調べたことをまとめた。


「引用」とは


  • 自説を補強するために自分の文章に中に他人の文章を記載すること


引用の条件を簡単にまとめると


  • 引用の正当性


    • 引用に必然性があり、文章が主で引用が従という関係



  • 引用箇所及び引用元がどこか明示


    • 引用した箇所の感想を記載する



  • 条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(著作権法32条)


    • 著作権侵害にならない。




文化庁の著作権Q&Aより

1.主従関係:引用する側とされる側の双方は、質的量的に主従の関係であること

 → 自分の記載内容が全くなく引用記事だけ掲載はNGということ 

2.明瞭区分性:両者が明確に区分されていること

 → 引用箇所をカッコでくくったりフォントを変えたりとわかるようにする

3.必然性:なぜ、それを引用しなければならないのかの必然性が該当します。


所感


  • 引用する場合については、自分の主観の文章がありそのために使用するのであればそれ程神経質になる必要ない。


参考