Help us understand the problem. What is going on with this article?

BitVisorのリポジトリをgitで扱う方法

ご存知BitVisorのソースはBitbucketでmercurialレポジトリとしてホストされていますが,gitを使いたいという人向けの方法をいくつか紹介します.

hg-git

hg-gitを使うと,手元のmercurialリポジトリからhg gexport.gitが生成できます.このときmercurialのbookmarkがgitのbranchになります.ここで,生成されるのはbare repositoryなので実際にはこれを別のディレクトリにさらにgit cloneして作業します.あとはgitで作業してpushでbare repositoryを更新した後,hg gimportでmerucialに変更を取り込んでpushという流れになります.

git-hg

git-hgを利用すると,リモートはmercurialのリポジトリのまま,手元ではgitリポジトリとしてソースを管理できます.内部的にはhg-fast-exportを利用してpull/pushの度に変換をおこなっています.

以下の特徴があります.

  • mercurialのdefault (unnamed) branchがgitのmaster branchになります
  • mercurialのbookmarkは無視されます(!)
  • mercurialのnamed branchはgitのbranchになります
  • gitの方で新規にブランチを作ってそれをpushすると,mercurialのdefault branchがmultiple heads (multiple roots) になります(!)

いまいち動作が分かりにくいので mercurial => git 変換として使うのが良いかもしれないです.

正直hg-git, git-hg使うのであればmercurialを直接使った方がいろいろと楽な気がします.

非公式ミラーを利用する

matsu/bitvisorにgit clone版のbitvisorがあるので,最初からこれを利用するという手もあります.自動でミラーしているのかは分かりませんが,とりあえず現状bitbucketのものと同期しています.

ところで

来年の5月31日でBitbucketはmercurialのサポートを終了するらしいです.

Mercurial features and repositories will be officially removed from Bitbucket and its API on June 1, 2020.

寂しいニュースですね... 来年BitVisorはどこでホストされるんでしょうか.

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした