LoginSignup
2

2023年版データの記事はこちらです。
https://qiita.com/mmake/items/b346cb32ccc3bcb5d03f

近年、高校生のなりたい職業TOP3に「システムエンジニア・プログラマー」が入り、システムエンジニア・プログラマーが注目されています。

注目度に伴って様々な会社が「高収入が見込めるプログラム言語」や「人気のあるプログラミング言語」などのランキングを発表しています。これらの情報は初級者がプログラミング言語を選択する際に参考になります。

一方、ビジネスの世界では「データドリブン経営」がもてはやされています。しかし「仕事の現場で使われているプログラミング言語」の統計データはほとんど見つかりません。ここでは6つの公開データを紹介します。

IEEE の The Top Programming Languages

IEEE は米国の電子工学および情報工学分野の学会です。年に1度プログラミング言語に関する読者アンケートを行い、結果を「The Top Programming Languages 」として公開しています。その中の「求人分野の言語ランキング」を紹介します。

The Top Programming Languages 2023 (Job)

数値は1位を1.0とした相対値になっています。SQLが1位です。日本では利用者の少ないMatlab や Scala も集計されています。

24_IEEE.png

数値データ
順位 開発言語 スコア
1 SQL 1
2 Python 0.8913
3 Java 0.7899
4 JavaScript 0.5514
5 C++ 0.4551
6 C# 0.3076
7 C 0.3048
8 HTML 0.2978
9 Shell スクリプト 0.2547
10 SAS 0.1737
11 TypeScript 0.1661
12 Go 0.0819
13 Matlab 0.0795
14 Visual Basic 0.0757
15 Perl 0.0747
16 PHP 0.0728
17 R 0.0685
18 Swift 0.0638
19 Scala 0.0585
20 Ruby 0.0555
21 Kotlin 0.0486
22 WebAssembly 0.0437
23 Objective-C 0.041
24 Grooby 0.0286
25 F# 0.0234
26 LabView 0.0233

IPA のソフトウェア開発分析データ集

2例目は独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA) が公開している 「ソフトウェア開発 分析データ集 2022」です。

データを提供しているのは以下の35社です。正直にいうと、金融・公共系のITベンダーに偏っている印象があります。

データ提供企業

企業名1 企業名2
(株)インテック (株) DTS
SCSK (株) 東芝情報システム(株)
(株) SBC (株)東邦システムサイエンス
NEC ソリューションイノベータ(株) ニッセイ情報テクノロジー(株)
NTT ソフトウェア(株) 日本電気(株)
(株) NTT データ 日本電子計算(株)
(株) NTT データビジネスシステムズ 日本ユニシス(株)
(株) OKI ソフトウェア (株)野村総合研究所
沖電気工業(株) パナソニック(株)
キヤノン IT ソリューションズ(株) 日立 INS ソフトウェア(株)
クボタシステム開発(株) (株)日立製作所
(株)構造計画研究所 (株)日立ソリューションズ
(株)ジャステック 富士通(株)
新日鉄住金ソリューションズ(株) (株)プリマジェスト
住友電工情報システム(株) 三菱電機インフォメーションシステムズ(株)
(株)ソルクシーズ リコーIT ソリューションズ(株)
大同生命保険(株) (株)両備システムズ
TIS (株)

使われているプログラミング言語の件数

COBOL が2位に入っています。他の人気ランキングだとトップ3に入る Python が 19 位なのが特徴的です。

16_IPA.png

数値データ
順位 プログラミング言語 件数
1 Java 626
2 COBOL 240
3 Visual Basic.NET 137
4 C# 112
5 C 83
6 VB 58
7 C++ 50
8 PL/SQL 30
9 JavaScript 28
10 PHP 11
11 Shell スクリプト 8
12 Pro*C 7
13 Perl 5
13 HTML 5
13 Delphi 5
16 PL/I 4
17 ABAP 3
18 XML 2
18 Python 2
20 アセンブラ 1
20 Ruby 1
22 その他 58

日経クロステックの読者アンケート

3例目はビジネス誌の日経クロステックが実施している「プログラミング言語利用実態調査2022」のアンケート結果です。読者457人の回答になります

普段使っているプログラミング言語

2,3番目に使う言語として JavaScript や Python, HTTMLの数が多いです

44_xtech.nikkei.png

数値データ
順位 言語 最も使っている 2、3番目
1 Java 83 49
2 Python 81 88
3 C/C++ 66 43
4 C# 50 52
5 VBA 31 57
6 JavaScript 24 110
7 VB.NET 18 18
8 TypeScript 17 31
9 PHP 14 28
10 COBOL 9 11
11 Go 8 9
12 Ruby 8 26
13 Rust 7 19
14 Kotlin 5 11
15 HTML/CSS 0 71
16 R 0 13
17 Classic Visual Basic 0 13
18 Perl 0 12

開発対象システム別の利用言語の比率

「開発対象システム」毎に分けた「最も使っているプログラム言語」の比率です。データ分析システム、AIシステムは Python 一択、組み込み系は C/C++ が支配的であることがわかります。

56_NikkeiXtech.png

数値データ
対象システム 回答数 Python Java C/C++ C# VBA VB.NET JavaScript TypeScript COBOL Kotlin Go R PHP Swift Objective-C その他
基幹 151 5.3% 27.8% 7.9% 19.2% 11.3% 7.9% 3.3% 1.3% 6.0% 1.3% 8.7%
Web 89 11.2% 19.1% 1.1% 4.5% 1.1% 4.5% 16.9% 15.7% 2.2% 5.6% 11.2% 6.7%
データ分析 64 56.2% 4.7% 6.2% 9.4% 6.2% 1.6% 0.0% 1.6% 6.2% 1.6% 6.2%
組込み 53 5.7% 3.8% 75.5% 5.7% 9.5%
AI 15 80.0% 13.3% 6.7%
スマホ 15 6.7% 26.7% 13.3% 6.7% 13.3% 20.0% 6.7% 6.7%

プログラミング言語別の対象システムの内訳

「開発対象システム」別の「最も使っているプログラム言語」の利用数です。個人的な感覚に一番近い結果です。

54.png

数値データ
順位 言語 基幹 Web 分析 組込み AI スマホ
1 Python 8 9 36 3 12 1
2 Java 42 15 3 2 2 4
3 C/C++ 12 1 4 40 1 0
4 C# 29 4 6 3 0 2
5 VBA 17 1 4 0 0 0
6 JavaScript 5 14 0 0 0 1
7 VB.NET 12 4 1 0 0 0
8 TypeScript 2 13 1 0 0 0
9 PHP 2 9 1 0 0 0
10 COBOL 9 0 0 0 0 0
11 Go 0 4 0 0 0 0
11 R 0 0 4 0 0 0
11 Kotlin 0 2 0 0 0 2
14 Swift 0 0 0 0 0 3
15 Objective-C 0 0 0 0 0 1
16 その他 13 5 4 5 0 1

paiza のプログラミング言語に関する調査

ITエンジニア向けの転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」を運営するpaiza株式会社が2022年に実施した57万人の登録者数の分析結果です。

プログラミング言語の基礎知識保有者の割合

Scalaで、TypeScript、Go言語といった比較的新しい言語では学習経験または実務経験を持つ人の比率が小さいです。

64_paiza.png

数値データ
順位 プログラミング言語 基礎知識保有者の比率
1 Java 32.4%
2 Python3 25.5%
3 JavaScript 22.4%
4 PHP 18.0%
5 C 17.8%
6 C# 15.7%
7 C++ 11.2%
7 Ruby 11.2%
9 Visual Basic (VB.NET) 5.8%
10 Perl 3.1%
11 Swift 2.9%
12 TypeScript 2.6%
13 Go 2.4%
14 Sass 2.3%
15 Objective-C 1.8%
16 Kotlin 1.2%
17 Scala 1.0%

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2