Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@mktshhr

M5StickCを用いた血中酸素飽和度の測定

コロナの影響でパルスオキシメータが手に入らないのでM5StickCHeart Unit (MAX30100)で血中酸素飽和度(SpO2)を測定して表示させてみた。値の正しさは不明なので、使う場合は自己責任で。

M5StickC_SpO2

  • ソースコード: GitHub 参照
  • 動作には、M5StickCHeart Unit (MAX30100)が必要。
  • センサーから出力される値が不安定で、SpO2が130を超えたり30くらいになったりと明らかにおかしな値が返ってきていたため、異常値を除いて30サンプルを取得、さらに異常と思われる値を除いて平均を表示するようにした。平均を求める際に、ばらつきが大きい場合は再測定するようにした。
  • 異常値の判定(サンプリングを無視する条件)
    • SpO2: 70未満もしくは100を超える場合
    • 心拍数(HR): 40未満もしくは250を超える場合
  • 再測定条件(30サンプル取得後)
    • 再測定:SpO2vの標準偏差が10を超える場合、またはHRの標準偏差が30を超える場合。
    • 一部再測定:標準偏差の2.5倍を超えるサンプリングは削除して再測定。
  • 1秒に一回サンプリングしているが、異常値は無視しているので、測定が進まない場合がある。センサーの上に指を軽くおいて、20~30秒じっとしているとプログレスバーが進む。センサーで心拍が検出されると、赤色の四角が右下に0.1秒表示される。
  • SpO2が95%以下の場合は赤色で文字が表示される。
  • ビルド時の注意
    • MAX30100lib ライブラリをインクルードして、Arduino IDEでビルドできる。
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
mktshhr

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?