Android
iOS
Dart
Flutter

Flutterの環境構築

Google I/O 2018に向けて、Flutterの環境構築を行った時のメモを残しておきます。
(備忘録の意味合いが強く、走り書きですみません…)

開発環境

mac High Sierra(10.13.4)

Flutterのinstall

Flutterを任意の場所にgitからcloneします

$ git clone -b beta https://github.com/flutter/flutter.git

pathを通す

$ export PATH=`pwd`/flutter/bin:$PATH

または.bash_profileを直接書き直してもOKです

vi ~/.bash_profile

下記を追加してください

.bash_profile
()
# Add Flutter
export FLUTTER="/(flutterへのpath)/flutter/bin"
export PATH=$FLUTTER:$PATH
()

必要なライブラリのセットアップ

flutterの開発環境について確認します

$ flutter doctor

私の環境では以下のような出力が行われました。

[✓] Flutter (Channel beta, v0.3.1, on Mac OS X 10.13.4 xxxx, locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK 27.0.3)
    ! Some Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor --android-licenses
[!] iOS toolchain - develop for iOS devices
    ✗ Xcode installation is incomplete; a full installation is necessary for iOS development.
      Download at: https://developer.apple.com/xcode/download/
      Or install Xcode via the App Store.
      Once installed, run:
        sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
    ✗ libimobiledevice and ideviceinstaller are not installed. To install, run:
        brew install --HEAD libimobiledevice
        brew install ideviceinstaller
    ✗ ios-deploy not installed. To install:
        brew install ios-deploy
    ✗ CocoaPods not installed.
        CocoaPods is used to retrieve the iOS platform side's plugin code that responds to your plugin usage on the Dart side.
        Without resolving iOS dependencies with CocoaPods, plugins will not work on iOS.
        For more info, see https://flutter.io/platform-plugins
      To install:
        brew install cocoapods
        pod setup
[✓] Android Studio (version 3.1)
    ✗ Flutter plugin not installed; this adds Flutter specific functionality.
    ✗ Dart plugin not installed; this adds Dart specific functionality.
[!] Connected devices
    ! No devices available

! Doctor found issues in 3 categories.

「✗」がついた部分を順に解決していきます。

iOS

※Android toolchainは後述します

Xcode installation is incomplete; a full installation is necessary for iOS development.
      Download at: https://developer.apple.com/xcode/download/
      Or install Xcode via the App Store.
      Once installed, run:
        sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

XcodeをDownloadしてxcode-selectをしろと言われています。私はbeta版をDL済みでしたので以下のコマンドを実行しました。

$ sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode-beta.app/Contents/Developer/

その後、出力されたとおりに以下のコマンドを実行しました。

$ brew install --HEAD libimobiledevice
$ brew install ideviceinstaller
$ brew install ios-deploy
$ brew install cocoapods
$ pod setup

Android

下記の出力ですが、Android StudioでPluginをインストールすればOKです。

✗ Flutter plugin not installed; this adds Flutter specific functionality.
✗ Dart plugin not installed; this adds Dart specific functionality.

Android Studio > Preferences > Plugins
- [Install JetBrains plugin]から[Dart]をインストール
- [Browse Repositories]から[Flutter]をインストール

次にライセンスの解決を行います。

$ flutter doctor --android-licenses

実行すると色々聞かれますが、ひたすら「y」(yes)と入力してください。

再実行

ここまでできたら一度flutter doctorを実行すると、以下の出力がされました。

[!] iOS toolchain - develop for iOS devices (Xcode 9.4)
    ✗ Missing Xcode dependency: Python module "six".
      Install via 'pip install six' or 'sudo easy_install six'.

私はpython未インストールのため、以下のコマンドを実行しました。 

$ brew reinstall python@2
$ pip install six

ここで再度flutter doctorを実行すると、私の環境では全ての警告が解消しました。
(No devices availableにはなっていますが。)

Device

「No devices available」と出力されているのはデバイスが接続されていないためです。
iosシミュレータを立ち上げる場合は下記コマンドで立ち上がります。

$ open -a Simulator.app

また、Androidの場合はAndroid StudioでTools > AVD ManagerでVirtual Deviceを作成して起動してあげればOKです。

ちなみに、AVDは最初x86で作ったのですが、Android StudioでFlutterプロジェクトを起動させると
「PANIC: Missing emulator engine program for 'x86'」
とエラーが出てしまいました…ので、x86_64で作り直したところうまく起動できました。
この辺はまだよくわかっていないので、勉強していきたいと思います。