Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pro microを使った画面ロックボタン作成

More than 1 year has passed since last update.

この記事はリンク情報システムの2018年アドベントカレンダーのリレー記事です。
engineer.hanzomon のグループメンバによってリレーされます。
(リンク情報システムのFacebookはこちらから)

はじめに

私は職場で「Realforce106」というキーボードを使っています。
このキーボードは打ち心地がサイコーで基本的に不満がないのですが、
一つだけ困っていることがあります。

それは「Windowsキー」がないことです。

職場のPCは離席時に画面ロックをしないといけないのですが、
画面ロックのショートカットキーが「Windowsキー + l」なので
「Windowsキー」がないとショートカットすることができないのです。

またPCはセキュリティの関係でネットワークに接続せずに使用しているので
キー配置変更ソフトをダウンロードして使うこともできません。

そこでないなら作ってしまえということで、
スイッチサイエンスの「Pro micro」を使用して画面ロックボタンを作成します。

作成

使用したもの

・Pro micro(スイッチサイエンス版)
・抵抗(10KΩ)
・スイッチ(モーメンタリ)
※オルタネイトだとキーが押しっぱなしになってしまうので必ずモーメンタリにしてください
・ケース
・USB TypeBコネクタ
&その他細々とした部品

開発環境

・Arduino IDE 1.8.6
※書き込み時にはボード選択をArduino Leonardoにしてください

コード

#include "Keyboard.h"

const int Button = 4;

void setup()
{
  pinMode(Button, INPUT);
  Keyboard.begin();
}

void loop() {
  if (digitalRead(Button) == LOW)
  {
    Keyboard.press(KEY_LEFT_GUI); 
    Keyboard.press('l'); 
    Keyboard.releaseAll();
  }
}

回路図

ただのプルアップ回路なので書かない予定です。
もし要望があれば書きます。

外装

ケースに穴を開けて、スイッチとUSB TypeBのコネクタをつけてます。
内部ではUSB TypeBからUSB microBにコネクタを変換してPro microに接続しています。

動作

IMB_kduuIT.GIF

まとめ

ボタンひとつで画面ロックができるようになりました。

が、賢明なみなさまはもうお気づきかと思います。

それは会社のPCには勝手にUSB機器を接続しちゃいけないということです。
申請をすればOKかもしれませんが、ボタンを作る以上に面倒なので却下です。

別の手段を考えないといけないですね。

また今回は画面ロック用に作りましたが、コードを書き換えれば他のショートカットキーも
実装することができるので、それをやってみるのもよいかもしれません。

注意

入力デバイスを作成するので、回路やコードが正しく作成できているか必ずチェックしてください。
間違えたピン番号を指定すると、誤作動の原因となります。

参考

Arduino キー定義

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away