HSP

Linux・MacでVimでHSP開発

More than 1 year has passed since last update.

皆さんこんにちは、猫でおなじみmjhdです。

この頃は大学に住み着いてるノラ猫が子供を産みまして、ひたすらに愛でる日々を送っております。

今回は、前回のsharkppさんによる「macOS と Wine で作る HSP 3 の開発環境 — さめたすたすのお家」を勝手に引き継ぎまして、

「Linux・MacでVimでHSP開発」の説明をしたいと思います。


HSPもVimで開発したい

VimmerでHSPerな人なら、HSP開発もVimで行いたくて仕方がないと思います。当然の欲求です。抗えるものではありません。

また宗教上の理由などでLinux・Macしか使えない人もいるかと思います。

そこで今回は、Linux・Mac向けに、VimでHSP開発を行う環境を整えたいと思います。


VimHotというプラグイン

実はもう既にWindows用にVimHotというVimプラグインが存在します。

これを使えばVimでHSPのシンタックスハイライトなどが行えます…が、いかんせんWindows用です。Linux・Macでは動きません。

そこで、VimHotをLinux・Mac向けに改造しました。


必要なもの


  • nkf

  • wine


wineのインストール

前回「macOS と Wine で作る HSP 3 の開発環境 — さめたすたすのお家」を参考に導入してください。

ここでは、C:\hsp34にインストールした前提で説明をしたいと思います。


インストール

今回インストールするプラグインはコチラ。GonbeiさんのVimhotを改造したものになります。

mjhd-devlion/vimhot: vim plugin for HSP

NeoBundleを使用している前提で書きます。


  • ~/.vimrcに以下の行を足しましょう。

NeoBundle 'mjhd-devlion/vimhot'

NeoBundle 'open-browser.vim'


  • vimを起動して

:NeoBundleInstall

を実行すればプラグインのインストールが終わります。


  • 次に、~/.vim/bundle/vimhot内にあるhscl.exeファイルを、
    ~/.wine/drive_c/hsp34にコピーしましょう。

以上で設定は終わりです。


設定

このままでは使い勝手が良くないので、設定をしてF5キーでコンパイルできたりF1キーでヘルプ開いたりできるようにしましょう。

" HSP

autocmd BufNewFile,BufRead *.hsp call FileTypeHsp()
function FileTypeHsp()
compiler hsp
set filetype=hsp
se omnifunc=hspcomplete#Complete

" キー設定
noremap <F1> ":OpenBrowser http://ohdl.hsproom.me/?q=" . expand( "<cword>")<CR>
noremap <F5> :make<CR>
endfunction

標準のHDLがwine上では正常に動作しないため、

ヘルプの表示にはfujidigさんによるオンライン上のヘルプドキュメントライブラリ、online-hsp-document-libraryを使用しています。

以上で、インストール完了です。


動作画面

設定が終わると、こんな感じでVimによるHSP開発環境が出来上がります。

Untitled4.gif


素敵なHSPライフを!


宣伝

関係ないのですが、

HSP部屋という、HSPプログラムをオンラインで作成したり、作成したものをアップロードしたりして手軽に公開できるサービスを運営しています。

HSPプログラミングコンテストの提出先としても使えますので、ぜひご活用ください!

HSP部屋(β)