Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vimのキーマッピングを書いた

More than 5 years have passed since last update.

Vim pluginをできるだけ少ないキーで実行させたいのと、前々から不便なところを変えたいと思ってたので書いた。
:VimShell などと毎回打ち込むのは非常に面倒だし( q: してhistoryから選ぶのもいいけど)。
マッピングするにあたって参考にしたサイト
http://deris.hatenablog.jp/entry/2013/05/02/192415

とりあえず今回書いたマッピング。(変更部分あり:2014-11-17)

noremap j gj
noremap k gk
noremap <S-h>   ^
noremap <S-j>   }
noremap <S-k>   {
noremap <S-l>   $
noremap m  %
nnoremap <CR> A<CR><ESC>
nnoremap == gg=G''
nnoremap <Space>n  :NERDTree<CR>
nnoremap <Space>v  :vs<CR>:<C-u>VimShell<CR>
nnoremap <Space>tl  :vs<CR>:TweetVimHomeTimeline<CR>
nnoremap <Space>tm  :vs<CR>:TweetVimMentions<CR>
nnoremap <Space>ts  :TweetVimSay<CR>

inoremap <C-f> <C-x><C-o>

ちょっとした解説

  • noremap j gjとか noremap k gkは割と定番なマッピング。
  • Shift + h で左端、 Shift + lで右端にカーソル移動。いちいち $ とか ^ を押す必要がない。 めっちゃ便利
  • nnoremap <CR> A<CR><ESC> :ノーマルモードでもリターンキーで改行できるようにした。
  • =を二回連続で入力することでバッファ全体のインデント整理をするようにした。
  • 各プラグインはSpace + 'プラグインの頭文字'みたいに設定した。
  • inoremap <C-f> <C-x><C-o> : オムニ補完をキー一発でできるように設定。

個人的におすすめは、noremap <S-h> ^noremap <S-l> $ものすごい便利。ホームポジションを崩さずに操作できるのは気持ちがいい。

最後に

あくまでこういうマッピングもあるんだな程度で。
たぶん、コピペしてもマッピング内容を忘れるので。
ちなみにこれ書くのに2時間くらい使った。テキストエディタの闇は深い。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away