Posted at

VSCode の Remote Development の設定


Remote Development

VSCode の拡張機能でssh接続したマシンのファイルをローカルマシンのVSCodeで編集するためのもの.


設定

以下の手順で行う.


  1. 拡張機能のRemote Developmentをインストール

  2. ~/.ssh/configの設定(しなくても接続はできます)

  3. 接続


1. 拡張機能のRemote Developmentをインストール

VSCodeで拡張機能"Remote Development"を検索し、インストール.

Remote Developmentをインストールすると,必要な拡張機能諸々インストールされる.

remote_development_install.png


2. ~/.ssh/configの設定

~/.ssh/configを設定しておけはVSCodeからssh接続先のマシンにすばやくアクセスするすることができます.

この設定を行わなくてもRemote Developmentを使うことはできます.

~/.ssh/configの設定に関してはここを参考にしました.

最低限これだけ書いておけはOKです.

Host remote               # ホスト名

HostName 192.168.1.10 # ssh接続するホストのipアドレス
User yourname # ログインユーザ名


3. 接続


~/.ssh/configを設定した場合

connect.png

画像の1をクリックすると, 画像の2に先程~/.ssh/configで設定したホスト名が現れます. 画像の3をクリックすると新しいウィンドウで接続先を開きます.

open_folder.png

"Open Folder"で作業したいフォルダを開けば接続先のファイルをローカルかのように作業することができます.


~/.ssh/configを設定しなかった場合


  1. コマンドパレットを開く

  2. "Remote-ssh: Connect to Host"を実行


  3. user@hostnameで接続


参考