Posted at

KotlinでAndroid

More than 3 years have passed since last update.

Androidを開発しているとJava6的な冗長というかめんどくさいというか、融通がきかないというかで、いらいらしてしまいます。Kotlinがいいよ!という噂を聞いたので試してみました。(あんまり色々試せなかったのでアップデートできたらいいな・・)


環境

試した環境は以下のとおりです


  • OSX Yosemite(10.10.5)

  • Android Studio 1.5

  • Android SDK 24.4.1

  • JDK 1.8


Android StudioにKotlinプラグインのインストール

まずはAndroid StudioにKotlinプラグインをインストールし、Kotlinの開発環境を整えます

1. [Preference]から[Plugins]を選択し、「Install JetBrain plugin...」をクリックします

plugin1.png

2. 「Browse JetBrains Plugins」画面で"kotlin"を検索すると、"Kotlin"プラグインが表示されます。「Install plugin」ボタンをクリックしてプラグインをインストールします

plugin2.png

3. ダウンロードとインストールの確認ダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします

plugin3.png

4. ダウンロードが開始されます

plugin4.png

5. ダウンロードが完了するとダイアログが閉じるので、「Restart Android Studio」ボタンをクリックしてAndroid Studioを再起動します

plugin5.png

6. 再起動の確認ダイアログが表示されるので、「Restart」ボタンをクリックしてAndroid Stusioを再起動します

plugin6.png


サンプルプロジェクト作成

サンプルプロジェクトを作成します。通常のAndroidアプリ作成と同じ手順で作成し、Kotlinファイルに変換します。

1. Start a new Android Studio projectから、"BlankActivity"を作成します

2. [Code]-[Convert Java File to kotlin File]を選択すると、JavaがKotlinに変換されます。

変換されたコードは以下のようになります

class MainActivity : AppCompatActivity() {

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
super.onCreate(savedInstanceState)
setContentView(R.layout.activity_main)
val toolbar = findViewById(R.id.toolbar) as Toolbar
setSupportActionBar(toolbar)

val fab = findViewById(R.id.fab) as FloatingActionButton
fab.setOnClickListener { view -> Snackbar.make(view, "Replace with your own action", Snackbar.LENGTH_LONG).setAction("Action", null).show() }
}

override fun onCreateOptionsMenu(menu: Menu): Boolean {
// Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
menuInflater.inflate(R.menu.menu_main, menu)
return true
}

override fun onOptionsItemSelected(item: MenuItem): Boolean {
// Handle action bar item clicks here. The action bar will
// automatically handle clicks on the Home/Up button, so long
// as you specify a parent activity in AndroidManifest.xml.
val id = item.itemId

//noinspection SimplifiableIfStatement
if (id == R.id.action_settings) {
return true
}

return super.onOptionsItemSelected(item)
}
}


環境をKotlinに


  1. ソースコードを配置するディレクトリ名を"java"から"kotlin"に変更します。"java"ディレクトリを選択し、右クリックから[Refactor]-[Rename...]を選択します(Testコードのパッケージもリネームします)
    rename.png

  2. Projectを見ると、以下の様な構成になっています
    rename4.png

  3. [Tool]-[Kotlin]-[Configure Kotlin Project]を選択し、プロジェクトの構成をKotlinにあわせます
    rename5.png

  4. 確認ダイアログが表示されます。バージョンはデフォルトのまま「OK」ボタンをクリックします
    ConfigureKotlin.png

  5. build.gradleが変更されます。同期するようメッセージが表示されるの、"Sync Now"のリンクをクリックして変更を同期します
    Sync.png

変更前のbuild.gradle(Module: app)

apply plugin: 'com.android.application'

android {
compileSdkVersion 23
buildToolsVersion "23.0.1"

defaultConfig {
applicationId "jp.co.opst.kotlinsample"
minSdkVersion 16
targetSdkVersion 23
versionCode 1
versionName "1.0"
}
buildTypes {
release {
minifyEnabled false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
}

dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
testCompile 'junit:junit:4.12'
compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.1.1'
compile 'com.android.support:design:23.1.1'
}

変更後のbuild.gradle(Module: app)

apply plugin: 'com.android.application'

apply plugin: 'kotlin-android'

android {
compileSdkVersion 23
buildToolsVersion "23.0.1"

defaultConfig {
applicationId "jp.co.opst.kotlinsample"
minSdkVersion 16
targetSdkVersion 23
versionCode 1
versionName "1.0"
}
buildTypes {
release {
minifyEnabled false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
sourceSets {
main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
}
}

dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
testCompile 'junit:junit:4.12'
compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.1.1'
compile 'com.android.support:design:23.1.1'
compile "org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib:$kotlin_version"
}
buildscript {
ext.kotlin_version = '1.0.0-beta-3595'
repositories {
mavenCentral()
}
dependencies {
classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
}
}
repositories {
mavenCentral()
}

依存関係を追加したり、ビルド時のクラスパスなどが追加されています。


サンプルアプリの実行

普通にアプリケーションを実行します。

うごいた!

実行結果1.png


Kotlinっぽいコードを試してみる

エバンジェリストさんの資料を拝見して、色々試したかったけど時間がないので拡張関数だけ試してみます

エバンジェリスト直伝!Kotlinを既存プロダクトで使う #jjug_ccc #jjug #jkug // Speaker Deck


拡張関数を試す


  1. 新しいKotlin Fileを作成します
    newfile.png

  2. 任意のファイル名を入力して「OK」ボタンをクリックします
    newfile2.png

  3. 関数を定義して、アプリケーション起動時に呼び出してみます


SampleKotlin.kt

package jp.co.opst.kotlinsample

import android.content.Context
import android.widget.Toast

fun Context.toast(message: String, duration:Int = Toast.LENGTH_SHORT) {
Toast.makeText(this, message, duration).show()
}


class MainActivity : AppCompatActivity() {

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
super.onCreate(savedInstanceState)
// (省略)
toast("Hello, Kotlin!")
}

アプリケーションを起動するとトーストが表示されました!

hello,kotlin!.png