Help us understand the problem. What is going on with this article?

Gmailでスパム扱いされるときの対処方法(迷惑メールフィルタ)

More than 3 years have passed since last update.

まえがき

EC2(CentOS 7)からメールを送信すると、なぜかスパムメール扱いされてしまう。
これからWEBサービスを提供するのに、スパム扱いは困る。困るし怒られる。

メール受信者にスパム扱いから外してもらえばいい・・・って違うんだよなぁ。
友達にメールするわけじゃなく、こっちはサービス提供者なんだよ。そんなことできないです。

でも何をやってもスパム扱い。
どう頑張ってもスパム扱い。
昔は多少悪いことしたけど、今はメールを送信しようとしているだけです。
でもスパム扱い。
そりゃぁ、いじけます。ちょっとGoogleが嫌いになります。
でも健気にGoogle先生に検索という形で聞いてみます。
みんな似たようなことしか書いておらず、結局スパム扱い。

ちなみにスパム!スパム!!とこんなメッセージが表示されています。
詳細が詳細じゃなく、途方にくれる・・・・。「詳細」という言葉の意味を調べたい。
gmail02.png

やったこと

Google推奨のスパムメール対策3つは勿論実施します。

DKIM

default._domainkey.abc.com TXT v=DKIM1;k=rsa;p=***************************
※ *************は、サーバ上で発行した鍵を登録します。

SPF

abcdef.com TXT v=spf1 ip4:**.**.**.** include:_spf.google.com ~all
※ **.**.**.** には、サーバIPアドレスが入ります

DMARC

_dmarc.abcdef.com TXT v=DMARC1; p=none
※ これは、DNSに登録するだけなので、かーーーんたん。

・メール本文、件名に全角文字を利用する
・スパム扱いされるようなキーワードを使わない(飾り文字なども)
AWSへの逆引き申請
メール上限緩和設定

テスト方法

EC2のサーバ上からmailコマンドを利用してメールを送信します。

echo "<メール本文>" | mail -r "<Fromアドレス>" -s "<件名>" <宛先アドレス>

sample)
   echo "このメールはどのように判定されているでしょうか" | mail -r "info@abcdef.com" -s "次回打ち合わせ日程について" xyz123@gmail.com
   ※ わざとメール本文、件名ともに全角文字を使います。(これもスパム扱いの回避策。ホントか?!)

受信したメールのソースを確認します。
gmail.png

DKIM、SPF、DMARC が、すべてPASSになっていることを確認します。

gmail01.png

結論(その1・・・真っ当にいくならこちら)

EC2からのメール送信は、SES(Simple Email Service)を利用しましょう。
本投稿のコメントにkawaz さんが記載してくれてる点に注意です!
※ kawaz さんコメント、ありがとうございます。

結論(その2・・・・SESなんて使わない派)

問い合わせです!
どうやって問い合わせるか・・・。

1.一括送信ガイドラインを開きます。
一括送信ガイドラインはこちら

一括送信ガイドライン01.png

2.一番下までスクロールすると、救いの手が差し延べられています。「トラブルシューティング」をクリック。

一括送信ガイドライン02.png

3.質問されました!3択です。正解は果たして・・・。(真ん中を選びました)

一括送信ガイドライン03.png

4.感染って。。。。してません!!

一括送信ガイドライン04.png

5.まだまだ聞いてきます。My record is perfect!!

一括送信ガイドライン05.png

6.最後のダメ押し。もうやり尽しました!!

一括送信ガイドライン06.png

7.まだ来るか・・・・。

一括送信ガイドライン07.png

8.来たか?!Gmailチームに問い合わせます!!

一括送信ガイドライン08.png

9.「一括メール送信のお問い合わせフォーム」が開きました。スパム扱いされて困ってます!!

一括送信ガイドライン09.png

続いて、自分が行ったスパムメール対策をチマチマと書きます。

一括送信ガイドライン10.png

<問題の簡単な説明>
簡潔にスパム扱いされてどうにもならないことを記載しましょう。

<問題の詳細な説明>
・新しいWEBサービスでメール送信を実施します。
・DKIM、SPF、DMARC、逆引き設定、Black Listのチェックなど自分が行ったスパムメール対策を列挙します。
・他に対策が必要であれば、改善ポイントを教えてほしい。といったようなことを記載しました。

最後に二礼二拍一礼して、送信!!!

10.その後

今までの実績から、3日~1週間ほどで、迷惑メール扱いされなくなってます。
特にGmailチームから連絡は来ません。いつの日か、勝手に迷惑メール扱いされなくなってるので、毎日のように、
まだかな?
まだかな??
と送信テストをして待ちます。

同じ悩みを持つ人が見つかるかも・・・

1.スパムメール扱いされているメールを開いて、詳細が詳細じゃない詳細ボタンを押します。
gmail03.png

2.Gmailヘルプ画面ではありきたりの参考にならない情報を受け流し、下の方にスクロールします。
「正当なメールが迷惑メールに分類されてしまう」を強くうなづきながらクリックします。真夜中でなければ、ここで一声。「その通り!!!」

gmail04.png

多くの人が悩んでる様が分かります。自分と同じ現象の人がいると仲間意識も沸いてきます。
これだけの人を悩ますスパム対策。強敵。

gmail05.png

参考

一括送信ガイドライン
Gmail PostMaster Tools

miwato
headwaters
常に新しい技術を取り込み、ありとあらゆる技術を駆使してビジネスを仕掛けるエンジニア集団です。技術力をベースに世の中の課題を解決しつつ、クライアントの強みを生かしたスタートアップインテグレーターとして共に事業も展開しています。「AI企画開発​」「マルチAIプラットフォーム(SyncLect)」「ロボットアプリ企画開発​」「React Native/Monaca/PWAアプリ開発」...etc他多数
http://www.headwaters.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした